ニュース

小谷崎まゆみの顔写真!不正転売の方法と男との関係は?

ニュース

小谷崎(こやざき)まゆみ容疑者と吉田英雄(よしだひでお)容疑者が、プロ野球広島カープの試合チケットを不正転売し、1億円近を売り上げたとして逮捕されました。

その小谷崎まゆみ容疑者と吉田英雄容疑者の顔写真を見ていきます。また、2人はどんな関係なのかと不正転売の方法についてもみていきます。

広島カープチケット不正転売で吉田英雄と小谷崎まゆみを逮捕

昨年7~9月にマツダスタジアム(広島市)で開かれたプロ野球広島戦のチケットを高値で転売したとして、警視庁は8日までに、チケット不正転売禁止法違反の疑いで、東京都日野市、無職吉田英雄容疑者(45)ら男女2人を逮捕した。当時は新型コロナウイルス感染防止のため観客数が制限され、チケット入手が困難な状況だったという。

 生活安全特別捜査隊によると、2人はマツダスタジアムの年間指定席を確保し、インターネットの転売サイトでチケットを売却。吉田容疑者は広島戦以外のプロ野球やプロレスのチケットも扱い、2015年から昨年に計約9680万円を売り上げたとみられる。出典:https://jp.reuters.com/article/idJP2021020801001532

吉田英雄と小谷崎まゆみの顔写真

広島カープの本拠地、広島市南区にあるマツダスタジアムで行われる、広島カープの公式戦のチケットを転売したとして、警視庁生活安全特別捜査隊が吉田英雄容疑者と小谷崎まゆみ容疑者を逮捕しています。

吉田英雄容疑者と小谷崎まゆみ容疑者の容疑は、入場券不正転売禁止法違反の疑いでの逮捕となります。

直接の逮捕容疑は、2020年7月30日~9月4日の間に、マツダスタジアムで開催予定だったDeNA戦、阪神戦、ヤクルト戦、中日戦の計4試合の販売価格計13408円のチケット計8枚を、東京や大阪、広島の男女4人に計6万6000円で売り渡したとされていて、2人とも容疑を認めています。

その2人の逮捕時の顔画像です。

  • 名前:吉田英雄(よしだひでお)
  • 年齢:45歳
  • 住所:東京都日野市豊田3
  • 職業:無職

 

  • 名前:小谷崎まゆみ(こたにざきまゆみ)
  • 年齢:56歳
  • 住所:調布市調布ケ丘3
  • 職業:パート従業員

吉田英雄と小谷崎まゆみの不正転売の方法とは

広島東洋カープの本拠地のマツダスタジアム(正式名称:MAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島)で行われるプロ野球広島カープの試合チケットを吉田英雄容疑者と小谷崎(おやざき)まゆみ容疑者はどのように入手し、どのように売りさばいていたのでしょうか。

吉田英雄容疑者は、広島カープの年間会員となってチケットを入手し、販売価格計13408円のチケットをチケット転売サイトを通じて66000円で販売していました。

また、小谷崎容疑者は、自分名義で購入したチケットを吉田容疑者に郵送するなどの役割だったようで、今後の捜査で具体的な方法などが明らかになっていくと思われます。

犯行の目的について、吉田英雄容疑者は、収入を過少申告したとして18年に国税当局から追徴課税されており、「滞納金の支払いに充てた」と供述し、さらに、「高い値段で転売して生活していた」と容疑を認めているようです。

吉田英雄容疑者と小谷崎まゆみ容疑者の関係は

吉田英雄容疑者と小谷崎(こやざき)まゆみ容疑者の関係について気になります。男である吉田英雄容疑者が45歳。女の小谷崎まゆみ容疑者が56歳。

調べてみるとこの2人は、職場の元同僚ということがわかっています。ただ、”元同僚”とだけ分かっていて、どこの職場で一緒だったのかについては分かっていません。

また、2人が男女の関係にあったのかどうかは不明です。ただ、同じ職場にいた元同僚で、高額チケット転売というたくらみ事を一緒にする仲であることを考えると、そういう男女の仲であるという可能性は高そうです。

そしていきさつについても、例えば、女の小谷崎真由美容疑者の方がカープファンだった。カープ女子とか人気が出ていることを聞いた吉田容疑者が、年間会員となり、チケットを手に入れ売りさばくようになった、とかも考えられますね。

いずれにしても、この件については、今後も調査していきたいと思います。

広島カープのプラチナチケット

吉田英雄容疑者と小谷崎まゆみ容疑者の犯行は2015年からで、売り上げは9680万円とか途方もない金額になっています。

吉田英雄容疑者は広島カープの年間会員となり年間指定席のチケットを持っていたようですが、そもそも年間会員にはなかなか慣れないのが今の現状です。どうやって年間会員となったのかも気になります。

また、2015年と言えば、二ューヨークヤンキースにいた黒田博樹投手が帰ってきた年です。また、ユニフォーム人気が高まりカープ女子とか言われてなぜか人気が爆発していた頃。

丁度、チケットがプラチナチケットとなり始めたころだったので、吉田英雄容疑者にとっては、とてもいいタイミングだったようですね。

実際、広島の人に取材してみると、広島市内在住の男性は「カープ見に行きとうても、チケットが手に入らんけぇ行けんのよ。困ったもんよ」と。

またカープ女子?と言うより、カープ婦人の女性は「券が買われんけぇねぇ。しゃあないけぇ、テレビで観戦するんよね」とあきらめムード。

それくらい、今現在でも手に入りにくいチケットです。

公式では転売は禁止されている

カープのチケット転売そのものは公式で禁止されていることが、試合観戦契約約款第4条に明記されています。

第4条(転売などの禁止)

何人も第三者に対し、主催者の

許可を得ることなく、入場券を転売

(インターネットオークションを

通じての転売を含む)

そのほかの方法で

取得させてはならない。

インターネットを利用した転売は、禁止事項としてはっきりと記載があります。

ただしグレーゾーンも存在する

ただし、家族、友人、取引先、そのほか

これらに類する特定の関係に基づき、

営利を目的とせず、かつ、

業として行われない場合については、

この限りでない。

つまり、

営利を目的とせず、業として行わず、取引先、そのほかこれらに類する特定の関係に基づき、範囲で行う場合は転売が不可能ではありません。

このあたりは非常にグレーゾーンなのと、結局カープ愛故に、高額でも観に行きたい人たちがいるということなんですね。

当たり前に、結構高額で取引されています。

購入する人も、喜んで購入する・・といったところでしょうか。そんな意味では、良いところに目を付けているともいえます。

これは2019年のツイートですが、これらにも関連しているかもしれません。

5倍で売ったとしても莫大な利益です。

Your Magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました