ニュース

八代弁護士虚偽発言とひるおびの炎上動画!訂正するも謝罪してないと再炎上!スポンサーも離れる

ニュース

TBSの情報番組「ひるおび」出演者の八代英輝弁護士が、10日の放送で共産党について、虚偽の発言がありました。

TBSは13日の放送で訂正し謝罪。八代弁護士もコメント。「申し訳ありませんでした」とするも、謝罪になってないと再炎上。スポンサー離れの噂まで出ています。

実際の映像を動画で確認。謝罪したのかどうかを検証していきます。

八代弁護士虚偽発言とひるおびの炎上動画

TBSの情報番組「ひるおび」に出演している八代英輝弁護士の発言が波紋を呼び、虚偽コメントとして訂正謝罪する事態となりました。

10日に放送された「ひるおび」のなかで、八代英輝弁護士は、自民党総裁選の話題に関連した野党共闘の話の中で、「共産党は『暴力的な革命』というのを、党の要綱として廃止してませんから。」と発言、炎上していました。

これに反発したのは、日本共産党の志位和夫委員長。「事実無根の卑劣なデマ」ということで、TBSに謝罪と訂正を要求。TBSは13日放送の「ひるおび」の番組の中で謝罪。発言した八代英輝弁護士も謝罪コメントしていました。

いや、謝罪コメントしてるように見えました。しかし、この八代弁護士のコメントが、謝罪していないと再び炎上。

八代弁護士の発言前後の話を含め、実際どのような話だったのかを見てチェックしていきます。

自民党総裁選後の衆議院選挙で、野党4党が共通政策に合意して本格的な共闘へ向かうという話の中からでした。

八代弁護士「先ほどの政策協定を見ても思うんですけれども、安保法制廃止してどうやってこの国守っていくんだていうビジョンを、どういう風に示しているのかということと、それから志位委員長、共産党の。つい最近『敵の出方』っていう言い方辞めようと言いましたけれども、共産党はまだ暴力的な革命っていうのを党の要綱として廃止してませんから、よくそういうとこと組もうという話になるなっていうのを僕的には個人的には感じますね」
恵「なるほどねぇ」

これが10日に放送された「ひるおび」での八代英輝弁護士の問題となった発言です。

そして、土日を挟んで13日の「ひるおび」で、

江藤愛アナウンサー「先週の放送で、野党共闘のテーマを扱っている際に、日本共産党について、まだ暴力的な革命っていうのを党の要綱として廃止していないという発言がありました。日本共産党の綱領にそのようなことは書かれていませんでした。訂正してお詫びいたします」

八代英輝弁護士「先週のわたくしの発言についてですが、私の認識は閣議決定された政府見解に基づいたものでした。一方ですね、日本共産党は、それを度々否定してることも合わせて申し上げるべきでした。申し訳ありませんでした」

続けて「テレビで発言するものとして、今後はより正確にバランスに配慮し、言葉に責任を持っていきたいと思います」

恵「失礼しました。わたしたちも脇を締めてですね、番組づくりに臨んで、より広く与野党の政策についても伝えていこうと思っております」

9月13日TBSひるおびで八代英輝氏が発言を謝罪【Twitter】

八代弁護士がひるおびで訂正も謝罪してないと再炎上

八代弁護士が最初に発言した、「共産党はまだ暴力的な革命っていうのを党の要綱として廃止してませんから」というのを放送した局であるTBSは、「日本共産党の綱領にそのようなことは書かれていませんでした。訂正してお詫びいたします」としています。

そして、発言の主である八代弁護士は、「認識は閣議決定された政府見解に基づいたもの」としていて、「日本共産党は、それを度々否定してる」ということを言うにとどまり、最後「申し訳ありませんでした」で締めくくったもの。

何か違和感を感じたので、「申し訳ありませんでした」の意味を調べてみると、「申し訳ありませんでした」の意味は「弁解のしようがないです」の過去形 。「申し訳ない」は、「相手にすまない気持ちで、弁解や言い訳のしようがない」という意味で、相手に対して詫びる際に用いる表現。 「申し訳ありませんでした」は、「申し訳ない」の丁寧語「申し訳ありません」の過去形ということのよう。

「弁解のしようがない」の過去形。だとすれば、八代弁護士のコメントの大半は弁解であり、最後の言葉の「申し訳ありませんでした」とのアンマッチさが際立ち、違和感を感じたのでしょう。

この八代英輝弁護士の謝罪コメントに対し、擁護の声や批判の声が上がり、再び炎上しています。

「日本政府として日本共産党は暴力革命を行う可能性がある!と認識しているということですね、日本共産党が大騒ぎしたから多くの日本国民が知ることになりました。矢代さんGJ!応援してます!!!」

「破防法に含まれてるから、立憲が、政権取れたら、破防法からはずしてもらうだけのことだよね。でも、謝る必要なくない?」

「言葉は間違えてるけど本質は合ってる。訂正は必要だが謝罪はいらないのでは?」

「共産党はテロ組織を処罰する破防法に基づく公安監視団体として政府が閣議決定したのは紛れも無い事実 転んでも只では起きない八代弁護士サイコー‼️」

共産党自体の立ち位置から、八代弁護士の言い方は間違ってるが、言ってることは間違ってないという意見。

八代弁護士の謝罪時のコメントにも出た「閣議決定された政府見解」というのはコレのことかもしれません。

そして、批判されている内容を見ると、

「謝罪になっていない。八代、火に油を注いだな。」

「知ったかぶりして怒られて、嘘追加しちゃった。」

「謝罪になっていないじゃん。間違えを認めていないからね。司会もだめだよ。」

「閣議決定のせいにしているのはちゃんとした謝罪とは言えず、小賢しい謝罪だよ。」

と言った感じ。

さらにこんな意見も。

「口元震えてやんの ふぁうふぁう言うとるな よっぽどブザマで悔しいんだろうな あーおもろ」

「ずいぶん動揺していて哀れです。。。。」

「八代煽っててワロタw」

確かに、いきなり噛んだり、語彙がはっきり喋れてなかったり、いつもの自信満々の八代英輝弁護士とは違いましたよね。かなりの緊張と動揺があったのでしょう。

そして、名指しされた日本共産党の志位委員長は、

「「ひるおび」のコメンテーターの発言は、①「敵の出方」論を悪用しての「暴力革命の党」という自公政権のデマ攻撃のうえに、②「暴力的な革命を党の要綱として廃止していない」という虚偽の発言を付け加えるという、二重のデマ攻撃となっています。野党共闘、民主主義への攻撃を許してはなりません。」

とtwitterで発言しています。

しかし、志位委員長も間違っています。八代英輝弁護士は、「ひるおび」のコメンテーターではありません。

八代弁護士の立ち位置は、MCの恵さんが夏休みとかでお休みの際には、司会進行も務める番組側の人間です。なので、余計に発言は正確で公正なものが求められるわけです。

八代弁護士の虚偽発言に関して、ジャーナリストの江川紹子氏も発言。「八代氏のは、自分の発言は政府の見解に沿ったもの、という『弁解』であって、共産党綱領にないことを『ある』とした虚偽コメントへの『謝罪』とは言えませんね」と発言しています。

八代弁護士の発言でスポンサーが降板?

そして、八代英輝弁護士の発言と謝罪コメントに対して、スポンサー鋼板の噂まで出ています。

「八代弁護士の発言に対する抗議としてキユーピーが「ひるおび!」のスポンサーを降りた話を聞いて一人のマヨラーとしては大変嬉しいです。」

「再春館製薬までが 降板した!! そりゃぁ デマを流した八代弁護士に 正しい謝罪も訂正もさせきれないまま 番組に出し続ける#ひるおび ですからね!!そんな番組をサポートしたら後世までの恥!!」

というツイートまで出ています。とはいえ、正式に発表されたのも出はないようなので、正しい上表がつかめ次第、追記していきます。

Your Magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました