ニュース

【悲報】ミスター慶応 性的暴行で6回目の逮捕もまた不起訴確定!実家が上級国民は逮捕されない怖い国

ニュース

先月、さいたま市で強制性交などの疑いで逮捕された男性2人が不起訴処分になりました。

さいたま地検は、さいたま市大宮区で去年3月女性に性的暴行を加えたなどの疑いで逮捕された24歳の男性2人を今月11日付で不起訴処分にしたと明らかにしました。処分の理由は明らかにしていません。

出典:https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000201056.html

男性2人とは、元慶大生・渡邉陽太(24)と光山和(24)。強制性交の疑いで埼玉県警に逮捕されていたが、渡邉陽太のわいせつ関連での逮捕は実に6回目、その6回ともが不起訴になるとは驚き。

過去の事件

  • 1回目 2018年3月27日 渋谷区のマンションで19歳の専門学校生の女性にから財布を盗み、強制性交と窃盗の容疑で逮捕 不起訴処分
  • 2回目 2018年9月1日 渋谷区のマンション内で板橋区に住む22歳の女子学生の両手をひものようなもので縛り、アイマスクを着用させて強制性交未遂 不起訴処分
  • 3回目 2018年9月29日 19歳の女子大生の腹部を蹴り現行犯逮捕 不起訴処分
  • 4回目 2018年10月16日 同じ女子大生に準強制性交等の疑いで再逮捕 不起訴処分
  • 5回目 2018年11月19日 酒に酔わせた女性にわいせつな行為をして、財布を盗みこん睡強盗と準強制わいせつの容疑で逮捕 不起訴処分
  • 6回目 2019年3月 カラオケ店で性的暴行をしその後同じ女性を再びインターネットカフェで性的暴行した疑い 不起訴処分

再犯率100%のレイプ魔がまた何事もなく世にでてくるとは恐ろしい。上級国民一族はレイプしても、人を殺しても咎められない勢い。

「上級国民」と呼ばれる彼らは、単に社会的地位や所得といった「スペック」が高いだけではなく、たとえ法を犯した場合でも「下級国民」とは異なるケースが待っている現実。

上級国民とは根拠のない陰謀論の産物で、現実には存在しないと主張する向きもあるが、今回の事件をみるにつけ、これは明らかに言い過ぎ。

上級国民という呼び名はともかく、国民が一部の特権階級とそれ以外の一般人に分かれていて、間違いなく法を犯しても権力か金、或いはその両方で解決できることの証明。

せめてネット上で顔と名前をされされて、長きに渡り裁かれ続けてほしいものだ。

上級国民またも金で解決!祖父と母の驚きの反応

渡辺容疑者の祖父は60年ほど前に上京し、一代で総資産100億円超の土木関係のグループ企業を築き上げ、複数の事業を親族らに継がせている。

千葉市若葉区桜木に本社がある(株)地商総業のことであるが7年前に

(株)地商総業創立40周年祝賀会 政財界などから800人出席、盛大に開催

出典:稲毛新聞

などからも資金とコネがあることは想像に易い。

渡辺陽太の父親もそのひとりで渡辺陽太は現在、千葉県市川市にある父親が経営する会社の社員寮に住んでいる。

その祖父も、

「週刊文春」の取材に対し、計19回にわたり、 「あいつは死んだほうがいい!」と叫んだというから今回は渡辺陽太を見捨てるのかと思いきや、お金があるというのは怖い、今回も示談で不起訴処分に持ち込んだようだ。

渡辺陽太(ミスター慶応)の示談金はいくら?

文春オンラインの記事によると

「1人目の(被害女性の)示談金は300万以上だった。最初、150万で交渉したんだけど、被害者の親が値段を釣り上げてきたんや。2人目の示談金は共犯の男と折半で500万円。その男の親が貧乏だから俺が立て替えたんだよ」

と、親族が被害者や世間に迷惑をかけたことを謝罪する風はまったくなく、この祖父にしてこの孫(渡辺陽太)という反応。

渡辺陽太も「ミスター慶應」になぜエントリーしたのか?という質問に、「第一には祖父孝行のため」と口にしており、父不在の祖父と孫の異様な構図も見て取れます。

今回の示談金も近々祖父が自ら喋ってしまうことで明らかになるものと思われます。

Twitter上の声

6回目の逮捕も不起訴処分 渡辺陽太の現在

2020年11月20日、渡辺陽太は強制性交容疑で埼玉県警大宮署に逮捕されました。これが渡辺陽太の6度目の逮捕となります。

報道によると、渡辺陽太は、前回の逮捕による2019年1月の不起訴処分の決定からわずか2ヶ月後の2019年3月24日の深夜に、JR大宮駅東口付近で20代の面識のない女性に、光山和希(3度目の逮捕時の共犯者)と共に声をかけ、カラオケ店に連れ込んで午前2時から午前5時の間に強姦したという事です。

前回の不起訴処分の決定からわずか2ヶ月後に同様のレイプ事件を起こしているのに、2020年11月20日逮捕からの、12月12日不起訴成功。

渡辺容疑者は最初の逮捕当時、東京・港区の麻布十番駅徒歩5分の超高級マンションに住んでいました。専有面積200平方メートルで、家賃は100万円以上する外国人向けに建設された物件。

親族がお金持ちで贅沢しながらチャラく過ごすのは勝手。でも性的犯罪を繰り返すのは言語道断なのに6回目の不起訴処分は一般市民の感情では受け入れがたい。

渡辺陽太は現在、千葉県市川市にある父親が経営する会社の社員寮に住んでいるとされているが、7回目の逮捕も近いのではないか。

Your Magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました