紀州のドン・ファン事件

須藤早貴に共犯者!?ドバイ逃亡の噂と詐欺容疑の役員報酬の使い道

紀州のドン・ファン事件

「紀州のドンファン」野崎幸助さんが亡くなり、元妻の須藤早貴容疑者が殺人容疑で逮捕されましたが、須藤早貴の単独の犯行と考えにくく、共犯者や指南役などの存在が噂されています。

ドバイ逃亡の噂や詐欺容疑での告発も受けている役員報酬の使い道についてもチェックしていきます。

須藤早貴の美人顔画像!卒アル写真から整形疑惑のセクシー女優や告別式後まで画像比較
「紀州のドン・ファン」と呼ばれた資産家の野崎幸助さんの元妻・須藤早貴容疑者が逮捕されました。美人好きで知られた夫の野崎さんと結婚した須藤早貴容疑者。須藤早貴容疑者の卒業アルバム写真やセクシー女優時代の顔画像、告別式後の画像までを比較し、どう変わったのかを検証します。
須藤早貴の遺産相続額!紀州のドン・ファンの遺言で田辺市と親族の強欲な争い
「紀州のドンファン」と言われた資産家の野崎幸助さんが亡くなって3年。元妻の須藤早貴容疑者が殺人容疑で逮捕。未だに決まっていない"紀州のドンファン”の遺産相続ですが、元妻の須藤早貴容疑者も含め、親族と田辺市も参加して泥試合の様相。元妻の相続額はいくらなのでしょうか。

須藤早貴容疑者が”ドン・ファン”殺害容疑で逮捕!

和歌山県田辺市の資産家で「紀州のドン・ファン」と呼ばれた酒類販売会社の元社長、野崎幸助さん=当時(77)=に2018年、致死量の覚醒剤を口から摂取させて殺害したとして、県警は28日、殺人と覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで、妻だった須藤早貴容疑者(25)=東京都品川区=を逮捕した。
 不審死から約3年。県警は死亡の約3カ月前に結婚したばかりだった須藤容疑者が関与していたとみて捜査を続けていた。
 逮捕容疑は18年5月24日、田辺市の野崎さん宅で、殺意を持って致死量の覚醒剤を摂取させ、急性覚醒剤中毒で死亡させた疑い。
 覚醒剤は容疑者が自ら入手したとみている。
出典:https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/538300

3年が既に経過した”紀州のドン・ファン”殺人事件ですが、急転直下、元妻の須藤早貴容疑者が逮捕されました。

そもそも一般常識では考えられないような話がたくさんありすぎるこの事件。

“紀州のドンファン”こと野崎幸助さんは、55歳年下の須藤早貴容疑者と2018年2月に結婚。そして亡くなったのが2018年の5月。その2週間前には、野崎さんが可愛がっていた愛犬の”イブ”が不審死しています。

野崎幸助さんの亡くなり方にしても、急性覚醒剤中毒という不審な亡くなり方でした。

しかしこうなると、真っ先に疑われるのが須藤早貴容疑者。疑われることが分かって単純に野崎さんを殺害しようとするでしょうか。

須藤早貴容疑者に共犯者の影

実際、逮捕の際に行われた和歌山県警の幹部による記者会見では、元妻の須藤早貴容疑者の共犯者の存在について、「今後の捜査で明らかにしていきたい」と説明しています。

ということは、和歌山県警は須藤早貴容疑者に共犯者がいないとは言ってないわけで、共犯者がいる可能性があるからこその「明らかにしていきたい」ではないでしょうか。

須藤早貴容疑者は、ネットで「完全犯罪」や「覚せい剤」とか殺害方法などを検索した形跡が残っていることが捜査関係者が明しています。しかし、これも須藤早貴容疑者の単独犯に見せかけ、共犯者を安心させる県警のリークかもしれません。

そして、須藤早貴容疑者は、野崎さんが亡くなる4,5日前、不可解な外出をしたことが分かっています。

須藤早貴容疑者が「大阪までネイル(サロン)に行く」と言って、1人で車で出掛けたといいますが、須藤容疑者は4月に免許を撮ったばかりの新免。大阪まで150キロ。しかも大阪となると、交通量も半端なく新免でもあり、余程運転に自身がないと、田辺市から自動車で大阪へ行こうと思わないのではないでしょうか。

そしてもうひとつは、お手伝いさんの証言。「大阪に行った割りにはガソリンが減ってなかった」というもの。ただ、途中でガソリンを給油したならこれは打ち消すことはできますが。

そもそも、東京にいる時間が長かった須藤早貴容疑者が、わざわざ、大阪のネイルサロンに行くのかということ。つまりその時間、誰かと会っていたのではないかとの疑惑が持ち上がってきます。

誕生日パーティに野崎さんが須藤容疑者を連れて来たというデヴィ夫人は、「性根が悪そうだと思った」と感想を語り、「あまり頭がよさそうには思えなかった」とも。

札幌の同級生などの話でも「頭が良いというわけではなかった」や、「不良グループに入ってましたね。よく飲みに行っていたイメージがあります」との証言もあります。

また、新潮社出版部長の中瀬ゆかりさんは、須藤早貴容疑者と飲んだことがあると話しています。

「私も田辺出身でドンファンの家と私の実家は歩ける距離なんです。かつ、私はドンファンと電話で話したこともありますし、≪中略≫

 「もっと言えば、事件後、しばらくして私、早貴容疑者と居酒屋で飲んだことがあるんです。田辺に帰っている時に知り合いに呼び出されていったら、彼女がいて。当然、怪しいと言われている時だったんですけど、『週刊新潮に私の顔、載せましたよね』と言われて。怒られるのかと思ったら『もうヤダー、ウフフ』って感じで。終始、ニコニコしていて、ホンワカしている感じで淡々と明るくて」と須藤容疑者の印象を話した。
出典:https://hochi.news/articles/20210429-OHT1T51090.html

そして、中瀬さんは、「ホワッとして抜けている感じもあったんで、もし、この人が関わっているとしたら“(事件の)絵を描ける”人がいたのでは?覚醒剤で人を殺せるとか知っているとも思えなかったし、そういうことを用意周到にやれるような緻密さを持った女性に私は思えなかったんですよ」と話しています。

つまりそこまで緻密な女性ではないということ。なので、背後に共犯、もしくは、指南する人がいたのではという見立てです。この見立ては、これまでの情報と合致するところが多いようです。

海外逃亡の噂!行先はドバイ?

それにしても、このタイミングでの須藤早貴容疑者の逮捕はなぜだったのかと言われています。そんななか噂されているのが、海外へ逃亡するのではという疑惑です。

 野崎さんの死後、早貴容疑者は野崎さんが和歌山県田辺市で経営していた会社「アプリコ」を引き継いで、約3834万円などを自身の名義の預金口座へ振り込んでいます。

この件に関しては、会社の代表取締役に就任したが法的手続きを取っていなかったとして詐欺の容疑で告発されていますが、このお金をもって海外に高跳びしようとして、時間が無いと考えた県警が緊急逮捕したとも言われているわけです。

そして関係者によると、「出国期日が迫っている要因で逮捕したというのなら、(勾留期限の)20日間が本当の意味での勝負になると思います」と語っています。

そしてこの高飛び説に、場所はUAEのドバイとの噂があります。これは、須藤容疑者が出演したビデオ動画の中でドバイに対しての強い思い入れを語っていたことから来ているもので、実際、須藤容疑者は何度かドバイに行っています。

「全く土地顔のない海外よりも、少しでも土地勘のあるドバイならいいと考えた」とする説です。

しかし、この”説”にも否定論があり、そもそも須藤早貴容疑者は英語が得意ではなく海外逃亡は考えにくいとも言われています。

役員報酬の使い道

そしてもうひとつ、「高飛び説」を否定するのが、先ほどの告発された役員報酬の3834万円も、既に底をついているのではないかというものです。

まず、一つは整形疑惑。証言するのは野崎さんの会社の関係者。社長の三回忌が行われた際、田辺市に姿を見せたようですが、その時マスクを撮った顔があひる口に変わっていたんだとか。「須藤容疑者はまるで別人のようになっていました」と話しています。

事件のために顔が売れ過ぎたため、知人らに話していたところでは、「美容整形という意味ではなく、やむなく変える」ということだったようです。

結婚したころに住んでいた新宿のマンションを引き払い、さいたま市に引っ越し。さらに、足立区のマンションに住んでいたものの、そこも引き払って品川区のマンションに住んでいました。

そして、またもパパ活を始めたとかの話も出てきました。となると、海外やドバイへの逃亡は不可能。整形や引っ越し、今までの金遣いの粗さが治らず、3834万のお金は使い切っているのかもしれません。

Your Magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました