渋谷円山町刺傷事件「15歳の女子中学3年生の容疑者」

【速報】渋谷円山町通り魔事件の中学3年生15歳少女「確保の瞬間画像と動画」現場の場所を特定

渋谷円山町刺傷事件「15歳の女子中学3年生の容疑者」

東京・渋谷区円山町の路上で、50代の母親と10代の娘が刺された事件で、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された女は15歳の少女だったことがわかりました。

殺人未遂で母親に確保された少女の動機について検証。通り魔事件の可能性を調査。事件現場となった場所を確認します。

【追記】渋谷刺傷事件の中学3年生女子生徒確保の瞬間画像と動画

東京・渋谷区円山町の京王井の頭線・神泉駅付近の路上で、53歳の母親と娘が刺傷させられた事件で、埼玉県戸田市に住む中学3年生の女子生徒が逮捕された事件で、犯人の中学3年生の女子生徒が確保されている瞬間画像と映像が入手できました。

こちらが、中学3年生を取り押さえている画像です。

そして、もう少し近づいた画像には、

このように、ナイフを持った手が、街灯に照らされた影としてはっきりと映っています。

この手が、中学3年生の女子生徒のものなのか、駆け付けた男性や母親によって取り上げられたものなのかはわかりませんが、緊迫した画像となっています。

【追記】この手については、駆け付けた男性がナイフを取り上げた際の影だとわかりました。

そして、渋谷区母娘刺傷事件としてニュースで映像が流されていました。

逮捕の中3少女「死刑になりたい」「たまたま見つけた2人を刺した」と供述 渋谷・母娘刺傷

この映像の中には、取り押さえた人が、15歳の中学3年生の女子生徒からナイフを取り上げ、足でけって遠ざけている様子が映っています。

そして、防犯カメラの映像で、ニュース報道された映像に、15歳の中学3年生の少女が、前を歩く母娘2人を追いかけている映像がありました。

これが、その画像で、

黄色のぼかしが入っているのが15歳の女子中学生。前の赤とピンクのぼかしが母親と娘ということです。

【速報】渋谷円山町通り魔事件の犯人15歳少女の動機

20日午後7時半すぎ、東京・渋谷区円山町で、50代の母親と10代の娘が何者かに刺される事件が起こりました。

20日午後7時25分頃、東京都渋谷区円山町の路上で血を流している人がいると110番通報が相次ぎ、50歳代の母親と10歳代の娘の女性2人が、胸や背中を刺され血を流していたということで、病院に搬送されていますが、命には別条がないということです。

母親と娘の女性2人を刺したのは、自称15歳の女で、母親が身柄を取り押さえているところへ警察官が駆け付け、この少女は殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されています。

現場からは、刺した15歳の少女が持っていたとされる折りたたみナイフや果物ナイフなど、計3本の刃物が押収されています。

この事件に気づいた現場近くの従業員が、当時の状況を生々しく証言しています。

この飲食店店員の女性(26)は、事件当時店内で働いていましたが、母親の切迫した声に気づき、気になって店の外を確認したそうで、すると、そのでは、刺された母親がすでに刺した犯人の15歳の少女を取り押さえていたそうです。

犯人を取り押さえている母親が、近づいてきた飲食店店員に、「この子、ナイフ持っているから」と伝えたということで、別の男性従業員がすぐに少女からナイフを取り上げています。母親と娘を指した15歳の少女は、抵抗するそぶりなどを見せていませんでした。

そして、少女は冷静なままで、空を見上げたまま、「あの子、死んだ?」と女性従業員に話しかけてきたそうです。

母親と娘は、刺した15歳の少女と顔見知りではないということで、通り魔的犯行の可能性もあり、その動機が気になります。

その動機を推察してみると、

  • 前を歩く母娘が仲良さそうで嫉妬心にかられた
  • 普段いじめにあっていて、世の中への報復
  • 誰かにやらされた
  • 人を刺してみたかった
  • 自暴自棄になっていた
  • 死刑になりたかった

などが思いつきましたが、15歳の少女が顔見知りでない母娘を刺す理由を考えると、思春期ということもあり、まだまだいろんな理由が考えられそうです。

現場にいた飲食店女性従業員の話では、娘のほうが刺された傷が大きかったように思われ、15歳の少女は、娘を狙って刺したともとれそうです。

一方で、刺された母親は、「大丈夫? どこを刺されたの?」と娘に呼びかけながらも、「逃げないで」と犯人の15歳少女を取り押さえていたということで、刃物を持った犯人に対し、かなり勇敢な行動だと思われます。

渋谷区円山町・神泉駅の殺人未遂の犯人は15歳の中学3年生【追記】

さらに、速報で、母娘を刺した少女は、埼玉県戸田市に住む中学3年の生徒だということがわかっています。

そして15歳の中学3年生が全く顔見知りでない母娘を割いた動機については、「死刑になりたかったといっているようで、ツイッターも反応しています。

「渋谷の通り魔は中3の女の子
「死刑になりたかったから」が理由らしいけど死にたかったって事かな?
死刑になりたいと死にたいの意味が違うようにも思える。
中3、15歳の幼い考えかもしれないけど自死より人を傷つけてでも死刑になりたいって…この女の子に何があったのだろうか」

という意見。確かに、「死刑になりたかった」と思い詰めるほどの意識がこの15歳の少女に働いたのは何が原因だったのでしょうか。この15歳中学3年生の少女の生い立ちも気になります。

この辺のことも、分かり次第追記してゆきます。

渋谷殺傷事件の15歳中学3年生少女の供述【追記】目標は母と弟

東京都渋谷区の路上で、母親(53)と娘(19)が刺された事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した少女について、埼玉県戸田市に住む市立中学3年の生徒(15)と明らかになっています。

また、逮捕されたこの少女は、「死刑になりたいと思い、たまたま見つけた2人を刺した」と供述しています。

 少女は「家庭や学校でのトラブルはない。20日に家を出て現場に来た」と話していて、2人を刺した包丁の他にナイフ2本を所持していました。

さらには、新たな供述として、「自分の母と弟を殺そうと思ったが、勇気が出なかったため、練習で(顔も知らない母娘の)2人を刺した」と供述していることがわかりました。

【追記】母親を殺害しようとした理由の供述

逮捕された15歳の中学3年生少女が、また、新たな供述をしちることがわかりました。すでに、自分の母親と弟を殺そうと思ったが、勇気が出なかったので見ず知らずの他人で練習したと供述していました。

そして今回わかったのは、自身の母親を殺そうとしたことについて、「母親の嫌いな癖に自分が似てきたので殺そうと思った」といい、「機嫌が悪くなると、すぐに態度に出る母親の嫌いな癖に、自分が似てきたので母を殺そうと思った」「母親を殺そうと思ったのは最近」と話していることがわかりました。

弟についての供述は、今のところ分かっていません。

また、詳しい内容については、わかり次第、追記していきます。

渋谷円山町の事件現場は京王井の頭線の神泉駅近く

では、事件の起こった現場はどこなのか?ということですが、すでに報道されているのは「東京都渋谷区円山町」との報道と、「京王井の頭線・神泉駅」という報道があります。

そして、事件を伝えたニュースの中に、この映像がありました。

これは、現場検証されている事件現場を映した画像で、上の映像からカメラがパンアップして下の画像に代わっています。

この下の画像の中に、

このように住居表示版が移っています。この住居表示版をよく見てみると「円山町 16」とあります。ということで、事件が起こった現場近くが特定されました。

Googlemapで検証した結果、

この画像と一致することがわかりました。

15歳の中学3年生の少女が、母娘を刺した事件現場は、「京王井の頭線・神泉駅」を出てすぐの路地裏ということがわかりました。

このあたりの場所について、ネットでは、

「渋谷の通り魔、あの辺りって人気があんまりなくて、おっさんでも一人でも夜歩くのはちょっと怖いんだよな・・・」
「通り魔事件あった神泉駅って聞き慣れない人も多いと思うんだけど。渋谷駅から10分もかからない位の距離。109とか東急本店上がってったエリア。道玄坂とか円山町とか普通に繁華街のエリア。つまり渋谷のど真ん中って事。恐ろしすぎる。」

という意見がツイートされています。つまり、東京渋谷のど真ん中でも裏通りに入ると人気がなく怖い場所ということのようです。

事件の詳細については、わかり次第追記してゆきます。

Your Magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました