ニュース

SHELLY(シェリー)の乳児遺棄事件ツイートが炎上「性教育論に発展」神奈川・秦野市

ニュース

タレントのSHELLY(シェリー)さんが、神奈川県乳児遺棄事件に関しツイッターに投稿したツイートが炎上しています。

SHELLYさんがツイッターにどのようなツイートをしたのかをチェック。事件に対しての考え方を調査。性教育についての意見が飛び出した、ツイート炎上の中身を見ていきます。

SHELLY(シェリー)が秦野市乳児遺棄事件にツイート

タレントのSHELLYさんが、2日、ツイッターを更新し、神奈川県秦野市に住む10代の少女が遺体遺棄の疑いで逮捕された事件について、自身の考えをツイートしています。

このツイートに対し、ネットで様々な意見が出てきています。

まず、SHELLYさんがツイートした神奈川県秦野市の乳児遺体遺棄事件というのは、こんな事件でした。

1日、神奈川県秦野市の畑で袋に入った赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、警察は秦野市に住む10代の少女を死体遺棄の疑いで、秦野市に住む10代の少女を緊急逮捕しています。

少女は今年5月中旬、秦野市の畑に生後間もない赤ちゃんの遺体を遺棄した疑いが持たれているという事件です。遺体は少女が出産した赤ちゃんとみられ、畑の所有者外周に気づいて通報したものです。少女は容疑を認めています。

そして、この事件に対しタレントのSHELLYさんがツイッターでツイートした内容がこちら。

「そしてまた子供が「母親」として逮捕される。
ロクな性教育も受けられず、産むまで誰にも相談できず、怖い思いをしていただろうに。
赤ちゃんの「父親」は調べるのでしょうか?」

そして続けて、

「ちなみに避妊してても妊娠する可能性はあります。
レイプの可能性もあります。
そしてピルもIUSもとても高価で、なおかつ認められてない避妊方法が多い日本で、女性が主体的に避妊するのはとてもハードルが高いです。
でも逮捕されるのはいつも女性。
このニュースでは「10代少女」って言ってます。」
「妊娠した女の子を「母親」と書かないでくれてよかった。」

と連続投稿。

10代の少女が、赤ちゃんを産み遺棄までしてしまった過程を思いやり、逮捕されたのが女性だけであることに対し問題提起。さらに、それを防ぐ方法の難しさについても、SHELLYさんの持論を展開しています。

SHELLYの秦野市乳児遺体遺棄事件のツイートにネットが反応

このSHELLYさんの「秦野市10代少女乳児遺体遺棄事件」へのツイートに対し、ネットが反応しています。

「本当に痛ましい事件です。10代の女性だけでなく、父親の男性がこの件を何も関与しないというのは、あまりにも社会が無責任だと感じました。政治や社会全体がしっかりとこうしたことに向き合う必要があります。」
「DNA登録を義務付け、父親の特定ができるようになってほしいです。
そして同等の責任を。
養育費未払いや、その他犯罪の早期解決に繫がるなら、とってもいいことだと思うんですけどね。」
「こういったニュースのときにいつも思う
妊娠したからには相手がいるはず
他の誰も頼れなくても相手が責任を取るなり頼れる状況であり、許されることではないが二人で協力して遺棄していたら二人とも逮捕されるはず
でも逮捕されるのは女性のみ
だから腹立つんだと思う」
「30代の医療職で、知識があった自分だって出産はこわかった。
母子共に死んだらどうしようって不安で揺らいだ。
妊娠出産って、過酷なんだよね。
10代で頼る力も経済力が低いだろう彼女が、どんな気持ちだったのか支えてくれる人はいたのか。
想像すると同情せずにいられない。」
「このニュースを見て、息子たちに話をしました。そして、そんな友達がいたら、助けてあげて欲しいという事も話しました。
おうちで話すこと、大事だと思ってます。」
「やっぱり、ゆりかごが必要だと思う」
「本当に、そう思います。
正しい性教育が、必要です。
そして、望まない妊娠に、なったら、どこへ、相談できる。とかも、教えた、方がいいと、思います。慈恵病院のように、赤ちゃんのゆりかごが、全国に、あれば、いいのに。と、思います。」

など、SHELLYさんのツイートに対し同調する意見も多くありました。

これらのSHELLYさんへの同調意見のツイートをよく見てみると、そのほとんどが女性の方だと思われるツイートでした。

そして、男性と思われる方のツイートだと、

「親の教育も大事では。」

という具合に、ちょっとトーンが変わっています。

さらに、男性が多いと思われる匿名掲示板などには、

「これは確かに男も追求しないと」
「だな、この場合は相手も逮捕でいいと思う」
「こういったケースは男の責任追求もせにゃならんな
で、身元特定まだ?」

というような、相手の男性に対する責任追及の意見もあるものの、そのような意見は少数派になっていました。

多くは、このように、

「は?」
「何言ってんだ?」
「すげえアクロバット擁護してきたな
「中学の保健体育で避妊について教えられたけどな~
「その擁護はおかしいわ」
「もう少しニュートラルな見方をしてもいいと思う」
「強姦や性的虐待なら可哀想だけど、それ以外は自業自得
妊娠したくなけりゃセ〇〇スしなきゃいいのに」
「いや、捨てるなよ( ´Д`)」
「そもそも赤ちゃん殺しちゃ駄目よ」
「女側の非も言及すればいいのに
希望的な「女は男の被害者」ってところから出発するよな」
「被害者は亡くなった赤ん坊なのでは?」
「まるで男が全て悪いみたいな言い方w」
「そりゃ犯罪おかしている当事者なんだから当然だろ」
「妊娠したのが罪なわけではないからな
死体を遺棄したのが罪なだけ」
「遺棄したのが母親なら母親が逮捕される
父親が遺棄したら父親が逮捕される
二人で遺棄したなら二人で逮捕される
それだけ」
「親が悪いって言わないのは何故?」
「5chには理解できない意見言いやがって」

女性の責任も追及したものでした。もちろん、男性の責任についても「ある」とする意見が多かったですが、この事件においては遺棄したことが犯罪とする意見の方が多かったように思います。

また、このような悲惨な事件とならないためにも、性教育の問題や、養子縁組についての問題などを提起する意見もありました。

「こうならないためにも」のところでは、SHELLYさんの意見と議論の余地があるかと思います。

SHELLYさんの活動

少し、今回の秦野市の10代少女の乳児遺体遺棄事件とは離れるかもしれませんが、この件にツイートして炎上してるSHELLYさんのtwitterには、こんなツイートが固定されていました。

そしてそのツイートにあるアドレスを開いてみると、

「オトナの保健室」と銘打ってオンラインサロンを開設していました。

なるほど、なので、SHELLYさんは「性」の問題に敏感に反応したツイートをあげていらっしゃるのですね。

SHELLYのtwitterが「子宮がある人」発言でも炎上

そして、そのほかにもSHELLYさんのツイッターでのツイートで、「SHELLY」と検索すると「子宮」と出てきます。

これについてみてみると、このツイートが議論になっているようです。

「アメリカで起きたことについて何か発信するのになかなか気持ちが落ち着かず、時間がかかりました。 
子宮を持つ人にとって中絶は権利ではないという、耳を疑う結論が出ました。
この決定は中絶を無くすものではなく、安全な中絶にたどり着けなくするものです。続」
「本題と違う部分で気持ちを害された方がいらっしゃるみたいなので、補足します。
レイプされて妊娠する可能性があるのは女性だけではありません。この問題は女性だけの問題じゃないので、子宮のある人という言葉を使いました。
続」
「嫌な気持ちになって欲しくないのでお伝えしたいのですが、決して女性に対して失礼な意味合いで使ってません。」

このなかで「子宮のある人」という言葉の使用が、炎上の火種になっています。いろんな意味で「センシティブ」な内容や言葉なので、使い方ひとつで炎上してしまいます。

「性」に関しての発信は、決して悪いわけではありません。しかし、これらに関しては、立場の違ういろんな人がいる中、言葉一つで傷つく人がいることを忘れず、取り組んでほしいものです。

Your Magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました