ニュース

大西愛の施術前と後の顔写真!逮捕時の顔画像とも比較!虐待音声が凄すぎる

ニュース

大西愛(おおにしあい)容疑者が、子供を虐待し逮捕。大西愛容疑者は大相撲の元関脇嘉風の嫁で、その嘉風(大西)雅継さんとも離婚調停中。

大西愛容疑者は、美容整形をインスタで告白。整形前と後の顔を写真比較。さらに逮捕時の顔画像と比較します。この顔で、虐待時の音声がひどすぎます。

大西愛の整形前と後の顔写真

同居していた長女(11)を蹴ったり髪を引っ張ったりしたとして、警視庁は22日、暴行の疑いで、大相撲の中村親方=元関脇嘉風=の妻大西愛容疑者(42)を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。警視庁は日常的な虐待の疑いもあるとみて調べている。

 捜査関係者によると、逮捕容疑は昨年6月、東京都世田谷区の自宅マンションで、当時同居していた小学5年の長女に暴行を加えた疑い。

 長女が被害の様子をスマートフォンのカメラで撮影していた。大西容疑者が虫刺されの薬を長女の目にこすりつけようとする様子も写っていた。
出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/c929dab1c5d016f69ed05cc55dc3131898b0d47b

自分の娘への暴行、虐待容疑で逮捕されたのは、大相撲の中村親方(元関脇嘉風)の妻、大西愛容疑者。音声が公開され、その虐待ぶりに、逮捕を予想する声も多く出ていました。

大西愛容疑者は、2008年に大阪から上京。プリザーブドフラワーのサロンを主宰するようになります。2008年の11月場所で嘉風が好成績を残したことで、当時の親方の許しももらい、12月22日に入籍しています。

  • 名前:大西愛(おおにしあい)
  • 生年月日:1978年12月26日 
  • 年齢:42歳
  • 出身:大阪

大西愛容疑者は、インスタグラムで美容整形をしたことを告白しています。美容整形により顔画像変って行ったのかを写真や画像で確認して見ましょう。

まずは、結婚前の写真から大西愛容疑者の顔画像。

そして結婚時の写真。

さすがにこの時はメイクが濃いですね。

そして子供が生まれて、

三人での写真。

このあたりまでは、大西愛容疑者の顔にそれほど変化は確認できません。

しかし、

 

 

このあたりになってくると、今までの顔と明らかに違う。

さらにこちらも。

インスタの顔画像なのですが、結婚前よりもむしろ若返ったような感じすらします。

大西愛容疑者は、インスタグラムで「眉にアートメイク」「ハイフで輪郭引き締め」などの施術を報告しています。

大西愛容疑者の顔画像に「眉2回目ガッツリ。もちろん一回目同様カリスマ中川さん指名です。私の女神、森下悠里ちゃんに紹介してもらいました。」と文字入れしています。

ほかにも、目頭切開などされてるように感じます。そんな大西愛容疑者の顔画像の変遷を画像を並べてみるとよくわかります。

会う時から顔が変わったように見えますね。メイクもかなり違うのはわかりますが、顔のもとが変わったように見えます。

大西愛容疑者の逮捕時顔画像とも比較

そして大西愛容疑者は、長女虐待の容疑で逮捕されました。逮捕され連行されている大西愛容疑者の顔画像がこちらです。

ん?この人が大西愛容疑者?って思ってしまいました。今まで見た大西愛容疑者とは違うような感じを受けてしまいます。

良く画像を見ると恐らくノーメイク。ということは、メイクでここまで変わるってことなのでしょうか。

ちなみに、これまでの画像と並べてみます。

なぜか、大西愛容疑者の顔画像が、昔に戻った感じがしてなりません。と、いうことは、やはりメイクによってここまで変わるってことなのでしょう。

テッパインチョー容疑者(ミャンマー人)の顔画像!名前にウケる人続出な理由は?
テッパインチョー容疑者が逮捕されました。ロングヘアの女性の髪を後ろに忍び寄って買ってき切って持ち帰るという犯罪。女性にとって髪は命だけに秘れるな犯行。テッパインチョー容疑者の顔画像。テッパインチョー容疑者の名前にウケる人が続出な理由もチェック。

大西愛容疑者の虐待音声が凄すぎる

結婚当時などと比べて、かなり美形になっていた大西愛容疑者ですが、デイリー新潮によって、虐待の証拠の音声が公開され衝撃を呼びました。

虫刺されの薬を娘の目に塗るという行為もさることながら、発せられる乱暴な言葉にも衝撃です。

「ボケ―っとして早くしろ!」
「(長女の名前)」
「お前、ムヒこんな無茶苦茶にすんな、おらぁ!」
「片付けろ、ぼけぇ」
「どこ置いた、お前」
「目ぇに入れたろか、お前。おい、こらぁ!ああ~、なにぃ~」
「お前じゃない?はよ言え!」
「誰がやんねん!」
「速攻で目流さないと、お前、目ぇ潰れんぞ」
「目ぇこうやって洗え」
「目ぇ見えんくなんぞ」
「白くなんねん、まっしろに」
「早く行け。(長男の名前)怖いでぇ、こいつの目ようみときや。真っ白になってくるからどんどんどんどん」
「黒目がぁ、無くなって真っ白になってくねん」

「元嘉風」の妻が実娘に凄絶虐待の証拠音声

親が自分の子供にする行為とはとても思えません。しかも、そこで使われている言葉の凶暴性は、とても母親とも思えません。

関係者によると元嘉風の大西さんの長女は「お母さんを逮捕してほしい」といっていたようで、自分の子供にここまで言われてしまうってことは、大西愛容疑者は、この一件だけでなく、数々していのではないでしょうか。

Your Magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました