ニュース

大越悠莉奈(おおこしゆりな)の美人顔画像!Facebook・ツイッター・インスタを調査

ニュース

大越悠莉奈(おおこしゆりな)容疑者が自分の娘を車内に放置し、熱中症とみられる症状で死亡させ、保護責任者遺棄の疑いで逮捕されました。

大越悠莉奈容疑者の顔画像をチェック。同時にフェイスブック、twitter、インスタグラムなどのSNSを調査していきます。

大越悠莉奈(おおこしゆりな)の美人顔画像

千葉県八千代市の自宅マンションの駐車場に止めてあった軽自動車の車内に、自分の次女の三櫻音(みおん)ちゃんを放置した疑いが持たれています。

放置したとされる日時は、22日の午前10時から約30分間。三櫻音(1)ちゃんは発見時に意識と呼吸がなく、その後、熱中症とみられる症状で死亡したとされています。

  • 名前:大越悠莉奈(おおこしゆりな)
  • 年齢:25歳
  • 住所:千葉県八千代市
  • 職業:飲食店店員(自称)
  • 容疑:保護責任者遺棄

住所に関しては、テレビのニュース報道で出ていた画像から大越悠莉奈容疑者の住所が判明しました。

こちらが報道されたマンションの画像。

そしてこちらがグーグルマップでの画像。

ということで、住所は「千葉県八千代市大和田新田451-5」で、マンションの名前が「メゾンドエメロード」というマンションだと判明しています。ちなみに、事件となったのはこのマンションの駐車場です。

当初、119番通報したのは母親の大越悠莉奈容疑者で、その時の話では「車で寝てしまって、きずいた時には子供がぐったりしていた」ということでした。消防の話では「午前8時過ぎに帰宅。そのまま3時間近く寝てしまった」と言ったようです。

しかし、その後の警察の調べでは、22日午前10時からおよそ30分間、次女の三櫻音ちゃんを自動車内に放置。大越悠莉奈容疑者は逮捕前に、「長女の着替えをさせて車に戻ったら、次女がぐったりしていた」と話していました。

しかし、現在は黙秘を続けているようです。言ってることが二転三転する大越悠莉奈容疑者。どちらにしても、母親である大越悠莉奈容疑者に責任がある事は間違いありません。

その大越悠莉奈容疑者の顔画像がこちら。

逮捕後、移送される際のもので顔のほとんどは髪に隠れており、大越悠莉奈容疑者の表情の確認はできません。

茶髪のロングヘアで、グレーのマスクをしており、伏し目がちに階段を下りてくる大越悠莉奈容疑者。

階段を降り切ったところで、少し長い髪の間から大越悠莉奈容疑者の表情が見てとれました。

大越悠莉奈容疑者の顔は、鼻筋の通った美人顔のようでもあります。

フェイスブック・twitter・インスタを調査

1歳の次女を車内放置の熱中症とみられる症状で亡くしてしまった大越悠莉奈容疑者のSNS使用はあったのか、Facebook、ツイッター、インスタグラムを調査してみました。

まずは、Facebookから。

検索窓に「大越悠莉奈」と入力してヒットしたのはこのアカウントのみ。この「大越悠莉奈」さんのアカウントを、大越悠莉奈容疑者のものと特定するまでには至っていません。

ただし、2015年には、「大越 悠莉奈さんは千葉県 船橋市にいます。」と記載があり、同じ千葉県にいたことも分かっています。

また、2014年、船橋の名前のつく学校を卒業しています。

というとこになると、現在2021年ですから、現在25歳の大越悠莉奈容疑者の年齢と、ぴったり合っていそうです。

限りなく本人と思えるFacebook。その中には写真の投稿が1枚だけありました。

どなたかとのツーショット写真であり、かつ、大越悠莉奈容疑者本人と特定できていないので、本人と思える方には、目線モザイクをかけています。

そして今度は、twitterで大越悠莉奈容疑者のアカウントを検索。

この画像ように、Facebookで簡単に出てきたようには見つかりませんでした。検索は「おおこしゆりな」や「オオコシユリナ」などひらがなカタカナ検索もかけてみましたがヒットしていません。

さらに、インスタグラムも調査。すると、ひらがなで「おおこしゆりな」と言うインスタを発見。

しかし、このインスタには投稿がありませんでした。

そしてこの後、思わぬ展開が待っていました。Facebookでは大越悠莉奈容疑者の感じの検索しかしてないことを思い出し、ひらがなで検索。

すると、こんなアカウントが。

しかし、このアカウントも「千葉県出身」とはなっているものの、「東京在住」となっていて、本人特定はできません。

友達には千葉県関連の方が多く、先ほど「大越悠莉奈」のアカウントの船橋の高校出身の方もいました。大越悠莉奈容疑者の関係がありそうではあります。

大越悠莉奈容疑者の保護責任者遺棄の概要

千葉県八千代市で車の中にいた1歳の女の子が熱中症とみられる症状で亡くなりました。警察は女の子を車内に放置したとして、25歳の母親を逮捕しました。
 保護責任者遺棄の疑いで逮捕されたのは、自称・飲食店従業員の大越悠莉奈容疑者(25)です。大越容疑者は22日午前10時すぎからおよそ30分間、八千代市の自宅マンションの駐車場に止めた車の中に次女の三櫻音ちゃん(1)を放置した疑いが持たれています。
 三櫻音ちゃんは発見時には意識と呼吸がなく熱中症とみられる症状で、その後、病院で死亡が確認されました。大越容疑者は逮捕前の調べで、「長女を部屋に連れ帰った30分後に、次女を迎えに車に行ったらぐったりしていた」と話していましたが、現在は黙秘しているということです。
出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/16238b148b64df96a7d18ced68abc86f4175246a

大越悠莉奈容疑者の話も二転三転し、現在は黙秘しているということですが、わが子を車内放置で失ったのに黙秘って、ちょっと考えにくいですね。

そして、さらに調べてみると、

今年5月には、長女(当時2歳)の方をネグレクト(育児放棄事案)による虐待を行ったとして警察から児童相談所に通告されていました。

話が二転三転したのは、当初の話が嘘で、辻褄が合わなくなって話が変わっていき、最終的に「黙秘」となったとしか思えません。

Your Magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました