ニュース

森喜朗会長の女性蔑視発言に女性や海外の声のまとめ!謝罪会見で辞任無しの逆ギレ!

ニュース

森喜朗会長の女性蔑視発言に批判が集まり謝罪会見を開くも、謝罪も辞任もなく逆ギレ会見となり、さらに批判されてます。

森喜朗会長の度重なる失言に対し、女性たちははどう思っているのか、また、世界の反応、オリンピックはどうなるか?についてまとめてみました。

森喜朗会長の女性蔑視発言(全文)

これはテレビがあるからやりにくいんだが、女性理事を選ぶというのは、文科省がうるさく言うんですよね。だけど、女性がたくさん入っている理事会は、理事会の会議は時間がかかります。これもうちの範囲で言いますが、ラグビー協会、今までの倍時間がかかる。女性がなんと10人くらいいるのか、いま?5人か?10人いるイメージだね。5人います。
 女性っていうのはやっぱり優れたあれがありまして競争意識が強い。誰か1人が手を挙げて言われると、自分も言わなきゃいけないと思うんでしょうね。みんな発言されるんです。前の発言されたことについて、関連しているんではないんですね。思いのままにいかれる、どんどんと。で結局、女性っていうのは、あんまり言うと、また新聞に漏れるとこれまた悪口言ったとなりますけど、女性を、必ずしも、数で増やしていく場合は発言の時間をある程度、規制をしておかないとなかなか終わらないで困ると言っておられました。誰が言ったか言いませんけど。まあそんなこともあります。
 私どもの組織委員会にも女性は何人いました?7人くらいかな。(7人)くらいおりますが、みんなわきまえておられて、みんな競技団体からのご出身であり、また国際的に大きな場所を踏んでおられる方々ばかりです。ですから、お話もシュッとした、当を得た、的を射た、そういうご発言をされて非常に我々役立っておりますが、欠員があるとすぐ女性を選ぼうということで、そういうわけであります。
出典:https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4190703.htm

2月3日に行われた、日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で、大会組織委員会の森喜朗会長の発言全文です。

「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかる」と発言したことが、大きな問題となり、その発言について謝罪会見を開かざるを得なくなりました。

謝罪会見で逆ギレ!辞任は無し

森喜朗会長の発言が、女性蔑視ではないかと言われて問題となり、翌日、謝罪会見を開くことになりました。

 昨日のJOC評議員会での発言につきましては、オリンピック・パラリンピックの精神に反する不適切な表現だったと認識をいたしております。そのために、まず深く反省をしております。そして、発言をいたしました件につきましては、撤回をしたい。不愉快な思いをされたみなさんには、お詫びを申し上げたい。

前日の発言を撤回し謝罪しています。

しかし、問題はその後。質問者が辞任の意思はないのかを聞くと、「辞任するという考えはありません。私は一生懸命、献身的にお手伝いして、7年間やってきた。自分からどうしようという気持ちはありません。みなさんが邪魔だといわれれば、おっしゃる通り、老害、粗大ごみになったのかもしれませんから、そうしたら掃いてもらえればいいんじゃないですか」と開き直ったともとれるような発言。

さらに、女性の話が長いというのはラグビー協会の女性理事のことか?との質問には、「一切頭にありませんし、ラグビー協会の理事会で、誰がどういう人が理事で、誰が話したかは一切知りません」と回答。

そして、質問者から「会長は国民から理解を得られる大会の開催をといっていたが、オリンピックの理念に反する発言だった。自身が責任を取らないことが、開催への批判を強めないか?」との質問に、「ご心配いただいたということであれば、ありがとうございます。しかし、今あなたがおっしゃるとおりのことを、最初に申し上げたじゃないですか。誤解を生んじゃいけないので撤回しますと申し上げている。オリンピック精神に反すると思うからと申し上げている」と語気を強めています。

さらに、「面白くしたいから言ってるんだろ」などという逆ギレの発言も。全く反省する点が見当たりません。

森喜朗会長の発言に女性たちの声

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会(JOC)の森喜朗会長が発言した「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかる」などとの発言に、日本ラグビー協会の女性理事・稲沢裕子さんは、「私のことだ」と思ったそうです。

稲沢裕子さんは、新聞社で社会部、生活部、経済部記者、ニュースサイト編集などを担当し、今春から昭和女子大学特命教授となられた日本ラグビーフットボール協会初の女性理事です。

「ラグビーのことは何も知らないのにいいんですか」と確認し、当時の専務理事に「ラグビー人気の低迷から、ファンになってもらうために」と言われ、当時の森会長も同じ考えだと思っていたと。なので、「今回の発言は驚きました」と答えています。

また、オリンピックに関係し自らも女性である橋本聖子五輪相は、「国内外で森会長の発言は常に重たいわけなので、しっかりとした形で世界に向かって発信されなければいけないのではないか」と一応名目的には苦言を呈した形となっています。

さらに、「森会長の今までの大会成功に向けて尽力してきたこと自体が非常に残念なことになってしまう」といいながらも、発言の撤回を受け「後は、より信頼される大会に向かっていくべく、互いに努力していきたい」と容認の方向を示しました。

そして、元オリンピック選手でもあり、女性でもある山口香筑波大大学院教授は、3日のJOC評議員会にオンラインで参加し、「すぐに理解できなかった」と困惑。さらに「大会の信用にかかわる」と発言しています。

さらに、東京オリンピックを開催する側で女性でもある小池百合子東京都知事は、5日の定例記者会見で、「本当に申し訳ない。発言を撤回する」と謝罪の電話があったことを認めています。

「大会を安心安全に進めるというのが私と組織委員会のミッションであるとすれば大きな事態に直面している。私自身も絶句し、あってはならない発言だった」と話し、そのうえで、「世界から見たらやっぱり変ですよね」とコメントを残しています。

そして日本の女性たちも声をあげています。

これは「#わきまえない女」がトレンド入りし、注目を集めた新日本婦人の会のツイッター投稿です。

森喜朗会長は、世界的イベントの東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長なわけで、その発言は、当然世界も注目しています。

当然、森喜朗会長の発言に世界も反応しています。

森喜朗会長の失言に世界が反応

この森喜朗会長の発言に世界がどう反応したかをみていきましょう。

  • AP通信
    • 見出し「森会長、女性蔑視発言で批判の的に」
    • 「森会長はこの発言で辞任に追い込まれるかもしれない」
    • 「女性が政治や役員室のなかで著しく過小評価されている日本でこの発言は物議をかもしている」
    • 「森氏が船長を務める東京五輪は問題だらけの沈みつつある船だ」
  • NYタイムズ
    • 「組織委員会はコスト上昇や国民の反対といった問題に直面しているのに、会長の”女性の話が長い”発言で新たな怒りを生んだ」
    • 「ツイッターでは森氏の辞任を求める声があがるとともに、森氏の年齢と時代遅れの態度が本当の問題だと言われている」
    • 開幕まで約5ヶ月となったが東京は緊急事態宣言下でワクチン接種も始まっていない。国民の7割が延期か中止すべきだとの調査結果も出ている」
    • 「森氏の発言に関して広報担当者のコメントはなかった」
  • フランスAFP通信
    • 「失言が多いことで知られる森元首相」
    • 「日本国内のツイッターでは、”いいかげんにしろ”や”女性蔑視だ”、”組織委員会会長をやめろ”といった声があがっている」
    • 「日本はさまざまな国際的指標で上位にランクインしているが、各国の男女格差を示す世界経済フォーラムのジェンダーギャップ指数では153か国中121位と、ジェンダー平等の推進にはまだまだ遅れている。」
  • イギリスBBC
    • 「東京五輪のトップが性差別騒動で謝罪」
    • 「2000年から2001年に首相を務めたが、在任中、日本国内では繰り返される失言や気の利かない発言で知られている」
  • ワシントンポスト
    • 「東京五輪組織委員会の会長は、これまで数々の失言をしたり、結婚式で暴力団幹部と同席したこともある人物だ」
    • 日本国内で森氏への批判が噴出している
  • フランス フリーペーパーの「ヴァンミニュツ」
    • 「“性差別”高速道路を時速320キロのスピード違反で走り、速度取り締まり機に引っかかった」と表現
    • 森会長について「大ポカを繰り返すことで知られる」と紹介
  • ロイター通信
    • 「東京大会トップの森会長が性差別発言」
  • カナダCTVニュース
    • 「東京五輪森会長がJOC会議で性差別発言と報道(Tokyo 2020 chief Mori makes sexist remarks at Olympic Games meeting: report)」と明確に性差別発言であると報道しています。
  • ドイツ ハンブルガー・モーゲンポスト
    • 「東京五輪の会長に性差別との非難」との記事を掲載。
  • ナイジェリア ニュースメディア50 minds
    • 「東京五輪の森会長が女性を誹謗中傷」との記事を掲載しています。

 

また、twitterには、「#DontBeSilent(黙っていないで)」「#GenderEquality(男女平等)」などのハッシュタグをつけた投稿がなされています。

スウェーデン大使館

アイルランド大使館

フィンランドセンター

ドイツ大使館

駐日フィンランド大使館

駐日欧州連合代表部

欧州の在日大使館が中心となって発信しており、他にもフィンランドやスウェーデン、アイルランド、ポルトガルなどの大使館などが賛同しています。

これらは、森喜朗会長の女性蔑視発言に反応したものと思われます。

そして、この問題について橋本聖子五輪担当相は、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長から「よく理解した」と電話で伝えられたことを明らかにし、幕引きとしたいようですが、そう簡単にはいかない気がします。

この森喜朗会長の発言問題について、新たな進展がありましたらこのブログに追記していきたいと思います。

Your Magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました