エンタメ 女優

松坂慶子 若い頃の写真はスタイルよくてかわいいより綺麗?昔と現在の画像比較でどれだけ太ったかを検証!?

投稿日:

今日の話題は、女優の松坂慶子さんです。今現在の松坂慶子さんしか知らない方にとっては、お母さん役がはまる女優として知られていますね。例えば、NHKの朝ドラ「まんぷく」ではヒロインの母親役を、また、2018年の大河ドラマ「西郷どん」では、主人公の西郷隆盛の母親役を演じ好評ですよね。

そんな、松坂慶子さんの若い頃は、現在活躍しているアイドルたちとは違い、どちらかといえば、“妖艶さ”や“セクシーさ”が売りの女優でした。そしてそのころの松坂慶子さんは、“かわいい”などというよりも“綺麗”や“美しい”のほうが言葉としては似合っていた感じです。

そんな、松坂慶子さんは現在では太ったなどといわれていますが、懐かしい昔の写真や画像と比べて、どこがどう太ったのか見ていきたいと思います。

『松坂慶子』について

出典:https://helpcurenow.org/actress/matsuzakakeiko-wakaikoro

  • 名前:松坂 慶子(まつざか けいこ)
  • 生年月日:1952年7月20日

1969年、大映からスカウトされ、同年、「ある女子高校医の記録 続・妊娠」で女高生の一人としてスクリーンデビュー。1971年、映画「夜の診察室」で、主演予定だった渥美マリさんの降板で代役として映画初主演しています。

その後、松竹へ移籍。1973年NHK大河ドラマ「国盗り物語」で濃姫を演じて広く知られることとなりました。1979年の映画「配達されない三通の手紙」でも体当たりの演技を見せ、テレビドラマ「水中花」に主演し、妖艶なバニーガール姿を披露。さらに、主題歌の「愛の水中花」も大ヒットしました。

その後も、「青春の門」、「男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎」、「蒲田行進曲」、「人生劇場」、「火宅の人」などの映画に出演。このころの松坂慶子さんは深作欣二監督作品に多く登場して、トップ女優となりました。

若い頃の写真はかわいいより綺麗?

もう40年近く前の話になるようですが、松坂慶子さんといえば、黒のバニー姿で「愛の水中花」を歌う姿が印象的でした。子供ごころに、松坂さんのバニー姿が“かっこいい”と思っていました。

ということで、バニー姿でテレビの前に立てるというだけで、スタイルのいいことがお分かりかとは思いますが、最近のモデル出身の女優さんほど細くはなく、出るところは出て引っ込むところは引っ込んでいる、いわゆる、「ボン・キュッ・ボン」っていう感じだったと思います。

その画像が・・

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/fpdxw092/46886190.html

どうですか、スタイルいいですよね。「愛の水中花」のシングルジャケットです。

そして・・

出典:http://blog.livedoor.jp/kokusaiyuko/archives/9616784.html

この画像は、松坂慶子さんが代役だったとはいえ、映画初主演した「夜の診察室」の時のポスターです。年代を感じるし、ちょっと見えにくいと思いますが、“かわいい”って感じよりもどこか色気を感じる写真ですね。

出典:https://youyou88.hamazo.tv/e2433276.html

そしてこちらは、松坂慶子さんが全国区となった作品NHK大河ドラマ「国盗り物語」で、濃姫を演じている松坂慶子さん。まだ若い時ですが、やはり“かわいい”というよりも「綺麗」です。

出典:http://chacha-mama.seesaa.net/article/297529802.html

また、こちらは「蒲田行進曲」の頃の松坂慶子さん。平田満さんが「銀ちゃん、かっこいい」ってセリフを言う映画だったかこともいますが、このころの松坂慶子さんはすでに“妖艶”という域に達していますね。現在の新垣結衣さんと同じ年齢の頃です。

そして、それから時は流れ、世の中は「昭和」から「平成」へと変わって、松坂慶子さんもバージョンアップしています。

出典:https://tukitodora.exblog.jp/7545257/

この画像は、NHK大河ドラマ「篤姫」に出演し、幾島 役を演じた時の画像です。「あれ、ちょっと太った?」って思ったあなたは正解です。確かにこの時は太っていたと思います。しかし、演技は逆に新境地を切り開いた感じがしていました。

出典https://taigatv.net/2018/18kanren/matuzaka_keiko1/

さらに、NHK大河ドラマ「西郷どん」での松坂慶子さん。少し年齢は感じますが、西郷隆盛の母親役は見事でした。

そして母親役といえば・・

出典:http://www.xn--gdk4ct16t.com/archives/11711

NHKの朝ドラ「まんぷく」ではヒロインの母親役を演じています。若い女優さんたちの中での存在感は半端ないですね。そして、お母さん役を演じるベテラン女優が多い中でもお母さん役に適している感じがしますね。

昔と現在の画像を比較すると太った?

先程、もう答えを言っちゃいましたが、松坂慶子さんは、昔の若い時に比べて、完全に太りました。ちなみに・・

出典:http://alice36.com/?p=13359

これが若い頃の写真です。メイクは年代を感じますが、とてもきれいです。

しかし、それが・・

出典:https://matome.naver.jp/odai/2142436310946065701

こんな風な松坂慶子さんになったわけですね。松坂慶子さんは林真理子さんとの会話で、「痩せてたのは前世なの」と言ったとか。さすがです。

しかし、わたし的にみると、松坂慶子さんは、ただ太っただけではなく、それを「お母さん」としての新しい形にしたようにみえます。わたしには、そんな松坂慶子さんが素敵だと思います。

女優『松坂慶子』まとめ

今日は、女優松坂慶子さんについてみていきました。

  • 松坂慶子さんが、昔、若い頃はそれはもう綺麗な女優さんでした。ただ、わたしには、若くて“かわいい”というイメージはなく、“スタイルがよくて美しく綺麗”というイメージが強かった覚えがあります。
  • それを、若い方には新しい発見として、昔を知っている方には懐かしく感じてみていただけたなら幸いです。
  • そして、「現在では太った?」と聞かれれば、太ったことは太ったのですが、松坂さんによると「痩せてたのは前世」だそうですので、現在の「現世」での松坂慶子さんが本物ということになりますね。

現在では、「お母さん役」として演技の幅を広げた松坂慶子さん。これからのドラマも楽しく見せていただきたいと思います。

-エンタメ, 女優

error: Content is protected !!

Copyright© Your Magazine , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.