甲府火災!放火殺人事件

甲府市蓬沢19歳少年の犯行動機は井上盛司さん夫婦殺害!姉との交際を反対され強烈な逆恨み

甲府火災!放火殺人事件

甲府市蓬沢の火事で警察に出頭した19歳少年の放火殺人の容疑者が、井上盛司さん夫婦に強い殺意を抱いて殺害した犯行動機とは何なのでしょう。

19歳少年が片想いだった姉との交際を反対した夫妻への逆恨みだったのか?刺殺し放火までした犯行動機を調査していきます。

甲府火災!19歳少年の放火殺人事件!まとめ
甲府市で、住宅が放火され、2人の遺体が見つかった事件。19歳の少年が出頭し逮捕されています。 なぜ、19歳少年は放火殺人の犯行に及んだのか?被害者の長女の姉との関係は?など、この事件の詳しいいきさつと、残された謎について、わかりやすくまとめていきます。

甲府市蓬沢19歳少年の犯行動機

山梨県甲府市蓬沢(よもぎさわ)で起こった火事。焼け跡から見つかった2人の遺体は、連絡の取れなかった井上盛司さん夫妻であることが分かりました。

そして、警察などの調べで井上盛司さん夫婦の死因は失血死ということが分かりました。ということになると、犯人は井上さん夫妻を刺した後、ガソリンか灯油などの油をまいて火をつけたとみられます。

この事件の犯人は警察に出頭逮捕されています。逮捕されたのは19歳少年で、未成年であるため、名前も顔写真も公表されていません。

逮捕された19歳少年は、犯行について「間違いありません」「1人でやった」などと供述を始めています。

問題となるのは、19歳少年の犯行動機です。なぜ犯人は、井上さん夫妻を殺害し放火したのか?。しかし、現状では情報が少なくはっきりしたことは公表されていません。

分かっている情報をもう一度整理していきます。

  • 12日未明に山梨県甲府市蓬沢の井上盛司さん宅から火が出て全焼する火事。
  • 焼け跡から、井上さん夫婦の遺体。死因は失血死。
  • 2階にいた井上さん姉妹が110番通報。妹は男に殴られてケガ。姉妹は2階からカーポートを伝って逃げる。
  • 犯人は19歳少年で駐在所に出頭。泣きながら犯行を告げたといいます。
  • 19歳少年は長女と同じ学校。顔見知りだったといいます。
  • 19歳少年は自身も顔にやけどを負い指を骨折し一時入院しています。
  • 19歳少年は、長女に対し「一方的に好意を寄せていたが、思い通りにならなかった」と供述しています。

分かっていることを整理してみましたが、容疑者の19歳少年が少しずつ供述し始めているようです、しかし、なぜ、両親を殺害したのか?なぜ火を放ったのか?疑問は残されたままです。

19歳少年の犯行動機は井上盛司さん夫婦殺害

姉である井上さんの長女に、「一方的に好意を寄せていたが、思い通りにならなかった」と供述している19歳少年。

そうであるなら、その矛先は井上さんの長女に向かいそうなものですが、殺害したのはその長女の両親である井上盛司さん夫婦です。

事件のあった当日、近所の人の話では「夜中に、『やめて、やめて』という切羽詰まった声を聞いた」という証言があり、その後火がついて火事になりました。

その火事も火の回りが早く、消防などの検証で、「油のような匂いがしてた」とあり、犯人がガソリンや灯油などを用意していたと考えられます。そこまでの準備をしたとなると、かなり強い殺意があったということになります。

長女の知り合いで一方的な恋愛感情を抱いていた19歳少年であるので、ストーカー被害などあったのではないかと思われますが、ストーカー被害などの相談は無かったといいます。

しかし、放火をする前提でガソリンや灯油などを準備していたとなると、かなり用意周到な準備をしていて両親を殺しています。ということで、この両親ともトラブルがあったのではと考えます。

姉との交際を反対された逆恨み

とはいうものの、井上盛司さん夫婦と19歳少年に直接的な接点があったとは考えにくく、やはり長女を介した話があった程度ではないでしょうか。

「(少年が)告白したことがあったと思う」という噂もあり、もしそうだったとすると、長女が19歳少年の告白を断る理由に「両親が反対している」とでも言って、その場をやり過ごしたということがあったのかもしれません。

それに怒りを感じた19歳少年が、長女の両親である井上さん夫妻に対し強い殺意を抱くようになり、犯行に及んだのではないかとも考えられます。

19歳少年の夫婦に対する殺意に関しては、妹が階下に降りてきたので襲ってはいますが、妹までもの殺害を考えていたなら追いかけるでしょうし、想いを抱いていた長女に対しては何もしていません。

その後油をまいて火をつけ放火し火事にさせてはいますが、これは長女が逃げたことを確認した後ではなかったか。

19歳少年の「思うようにならなかった」という供述は、その原因を作った両親に対するかなり強い殺意で、恋愛対象であった長女本人には向いていない感じがします。

しかし、19歳少年が出頭した際には、「人を殺してしまった」と泣きながら言っていたそうです。そこまで用意周到に準備をし人を刺し火をつけておきながらこの言葉はおかしいでしょう。

19歳少年は、犯行時精神的におかしくなっていたのかもしれません。しかし、悲惨な犯行です。亡くなってしまった人は帰っては来ません。井上盛司さんご夫婦のご冥福をお祈りします。

甲府火災!19歳少年の放火殺人事件!まとめ
甲府市で、住宅が放火され、2人の遺体が見つかった事件。19歳の少年が出頭し逮捕されています。 なぜ、19歳少年は放火殺人の犯行に及んだのか?被害者の長女の姉との関係は?など、この事件の詳しいいきさつと、残された謎について、わかりやすくまとめていきます。
Your Magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました