岡庭由征茨城一家殺傷事件

甲府放火殺人事件の19歳少年の高校特定!美少女で人気者の姉との関係を調査

岡庭由征茨城一家殺傷事件

甲府市の放火殺人事件の容疑者で警察に出頭した19歳少年と、火事にあった家の井上盛司さんの長女の姉とは、同じ高校に通っていました。

放火殺人の容疑者の19歳少年が通う高校はどこなのか?特定していきます。そして、美少女で人気者の姉と犯人との関係を調査していきます。

甲府火災!19歳少年の放火殺人事件!まとめ
甲府市で、住宅が放火され、2人の遺体が見つかった事件。19歳の少年が出頭し逮捕されています。 なぜ、19歳少年は放火殺人の犯行に及んだのか?被害者の長女の姉との関係は?など、この事件の詳しいいきさつと、残された謎について、わかりやすくまとめていきます。

甲府放火殺人事件の19歳少年の高校特定

甲府市の住宅の焼け跡から2遺体が見つかった事件で、警察へ出頭し傷害容疑で逮捕された19歳の少年は、被害にあった住宅に住む姉妹のうち姉と同じ高校に通っていました。

こんな情報が流れると、この事件に限らずいつも聞いた方が思うのは「どこの高校?」「誰?」という興味。

なので今回の甲府放火殺人事件の容疑者の19歳の少年と、家を放火された井上盛司さんの長女の姉が通う高校について調べていきます。

まず情報を整理していきます。

  • 事件があった住所:山梨県甲府市蓬沢 1 丁目
  • その家の住人:井上盛司さんと妻と2人姉妹。姉は高校生、妹が中学生。
  • 姉と放火殺人の19歳容疑者とは同じ高校に通っていて、顔見知りである。

ここまでは、これまで報道されてきました。

そして、14日。文春オンラインが甲府放火殺人事件に関して記事を出しています。

「《甲府放火“2人死亡”》「深夜に『やめてー』と女性の叫び声が…」“泣きながら出頭の19歳少年”は被害者長女と同じ高校の“顔見知り”だった」

この中で、新な情報として、

  • 長女は高校3年生で定時制高校に通っている
  • 長女が通っている高校では、今月はじめ文化祭があった
  • 長女は将棋クラブに所属
  • 長女は生徒会の役員
  • 学内でも人気が高かった

という情報が出てきました。長女である姉と容疑者の19歳少年とは同じ学校の顔見知りということなので、この長女の学校が特定できればそれが19歳容疑者の通う学校ということになります。

これらの情報をもとに、山梨県内の定時制高校を探してみました。

すると定時制で出てきたのが、

「山梨県立甲府工業高等学校、山梨県立巨摩高等学校、山梨県立中央高等学校、山梨県立都留高等学校、山梨県立韮崎高等学校、山梨県立ひばりが丘高等学校、山梨県立山梨高等学校」

これらの7つの学校に定時制・通信制の制度が設けられていました。

そして、これらの高校のうち甲府市にある高校は2校。山梨県立甲府工業高等学校と山梨県立中央高等学校でした。

そして甲府工業高校のクラブ活動は、

学校のホームページを調べてみると、このように、言われている「将棋クラブ」はありませんでした。

一方の中央高校のホームページでクラブ活動を見ると、

「将棋同好会」

一番最後に「将棋同好会」というのが確認できます。「将棋クラブ」ではありませんが、「将棋」のくくりの中では同じものでしょう。

そして、もうひとつ。「長女が通っている高校では、今月はじめ文化祭があった」というところについて。

山梨県立中央高校のホームページでは、10月行事は作成されていませんでしたが、9月を見てみると、

「明窓祭準備期間 (~10/5) 特別時制」

9月30日に記載があります。

この「明窓祭」の記載は他にもありました。

そして、この「明窓祭」が同校の文化祭かどうかに関しては、ウィキペディアの「山梨県立中央高校」での記載に、文化祭は「明窓祭」と明記されていました。

ということで、山梨県立中央高校の文化祭は10月初旬に行われていたようです。

これらから、山梨県立中央高校が、甲府の19歳放火殺人と被害者の長女の通う好悪校ではないかと思われます。

ただし、この調査はあくまで甲府市の定時制に限ったもの。市外の高校へ通っていたなら違ってきますので、情報の取り扱いには注意してください。

19歳放火殺人の容疑者と美少女で人気者の姉との関係

そして、今回の甲府の事件で、19歳少年放火殺人の容疑者と殺害され放火されたとされる井上盛司さんの長女は、高校が一緒で顔見知りということが分かっています。

しかし、その関係性がはっきりしません。

これまでの情報をまとめてみると、

  • 事件当初、姉妹は警察に「泥棒に入られた」「中年の男」と話してます。
  • そして、その男の面識はないと。ただし、これは妹の話。
  • その後、姉と19歳少年の容疑者は顔見知りだったことが分かります。
  • さらに、姉が19歳少年の容疑者の男について「気がかりだった」と報道されています。

事件当初の「泥棒に入られた」「中年の男」といういのは、姉の発言なのか妹の発言なのかが定かではありませんが、もし姉の発言だとすると”中年”と言ったのは、捜査かく乱に繋がりかねません。

しかし、男と顔を合わせたのは妹ということなので、妹の話の可能性もあります。

さらに、男の方の供述を見てみると、「間違いありません。1人でやった」と警察に説明したとされています。「1人でやった」は聞かれて答えたのか、自ら進んでいったのかで違ってきそうです。

普通、「間違いありません」だけでしょう。仮に言ったとしても「俺がやりました」って感じかと。そこにわざわざ「1人で」と人数を入れることはないように感じます。

なので、この19歳少年の容疑者の方も、何か隠している感じもしてしまいます。

さらに、姉の19歳少年の容疑者が「気がかりだった」と言っていたことが気になります。何も関係が無ければ、こんな言い方はしないと思います。。

「交際関係にあった。フッたフラれた。いじめられた。ストーカーされた」など、考えられます。それにしても、この言い方だと姉と19歳少年との間には、何らかの関係があったことは事実でしょう。

また、長女の小学校の同級生の話だと「小学生の頃から可愛らしくて、イメージでいうと少女マンガのヒロインみたいな子」だそうで、もともと人気者だったようです。

人気者の長女に気持ちを寄せた19歳の容疑者の少年は、長女の両親に何らかの恨みを持って殺害してしまった。そう考えるのが長女の親と少年を結び付けやすいのですが、そうなると、長女の姉と19歳少年は交際関係にあり、反対されたための犯行だと考えやすくはなります。

いずれにしても、未成年事件で情報が少なく、現状の調査ではここまででした。引き続き調査していきます。

【追記】殺害された井上盛司さん夫妻顔画像公開

山梨県甲府市蓬沢の住宅地で起こった火事で、焼け跡から2人の遺体が見つかっていますが、この遺体が井上盛司さん夫婦のものであると確認されました。

井上さん夫婦の顔写真が公開されています。

建設関係についていたという井上盛司(55)さん。温厚そうな奥様の章恵さん。

この2人は無残にも19歳少年により刺され、そして家に油のようなものをまかれ殺されています。死因は失血死だということです。ということで、刺された方が直接の死因ということになります。

それにしても無残な殺され方です。お二人のご冥福をお祈りいたします。

長女に「交際を断られた」「LINEブロックされた」と逆恨み

19歳少年の供述では、「長女に交際を断られた」「LINEで突然やりとりできなくなった」と供述していて、これが殺害動機につながったもののようです。

当初推測していたものではなく、少年による単独犯行でした。そして、19歳少年の供述で「(家に侵入したことが)見つかったら、全員殺すつもりだった」と。

つまり放火の準備もしてナイフの用意もあり、19歳少年の計画的犯行ということになります。

こんなひどいことをした動機について、19歳少年は、「長女に交際を断られた」「LINEで突然やりとりできなくなった」と話しています。つまりフラれたことから始まった犯行ということ。

長女にフラれ、LINEをブロックされたことで逆恨みし、井上さん宅に押し入ったということのようですが、井上さん宅に押し入って何をしようとしていたかは定かではありません。

これについては、今後の情報を待ちたいと思います。

 

Your Magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました