ニュース

神戸市クラスターの老健を特定!看護師のtwitterが悲痛!公表しなかったわけに怒り

ニュース

神戸市の老人保健施設で入所者ら123人が新型コロナウイルスに集団感染し、13人が亡くなっていたことが判明。神戸市長田区の老健はどこなのかを調査。

その施設の看護師のtwitterの訴えが表面化。やっと行政が動き始める。twitterの訴えと神戸市の対応をチェック。

神戸市長田区の老人保健施設ってどこ

神戸市内の介護老人保健施設で先月中旬以降、入所者ら123人が新型コロナウイルスに感染し、13人が亡くなっていたことが関係者への取材でわかりました。
 神戸市の関係者によりますと、集団感染があったのは長田区の介護老人保健施設です。
 この施設では、先月14日に新型コロナウイルスの感染者が確認され、その後、6日までに入所者や職員ら合わせて123人の感染が確認されました。
 このうち13人が症状が悪化して亡くなったということです。
 神戸市はクラスターが発生したとして、感染経路などを調査するとともに、医師や看護師などのチームを施設に派遣して、患者への投薬や酸素吸入などを行っているということです。
 関係者によりますと、市内の医療提供体制がひっ迫していたため、多くの感染者が入院できず、施設内で待機や療養をしていたということです。
 一方、神戸市は、初めて感染者が確認されてから20日以上たった6日も、今回の集団感染について発表していません。
 これについて神戸市は「施設内で感染者が急増して、正確な人数の把握が間に合わなかった。近日中に発表したい」としています。
出典:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210506/k10013016001000.html

神戸市長田区にある老人保健施設でクラスターが発生。その数が123人とか、とんでもない数になっています。

神戸市長田区の老人保健施設とはどこなのかが気になるところです。

NHKニュースの画像がこちら。

この画像は、NHKが放送したニュース内での建物画像です。ベランダの手すりは、下から順に、穴の開いた網目状になった目隠しの上に3本ラインの柵があり、その上に手すりとなっています。

そして、神戸市のホームページで「介護老人保健施設(老人保健施設)」を調べてみると、長田区では4件のヒットがありました。

出典:神戸市ホームページより

これら施設の外観を見ていきます。

まずは、「介護老人保健施設ヴィラ光陽」。

その外観画像がこちらです。この画像は、明らかに先ほどのNHK画像とは異なっているのがわかります。

そして次に、「フェニックス長田キュアセンター」を見てみましょう。

こちらの画像が、「フェニックス長田キュアセンター」の画像。こちらの建物には目隠し部分がコンクリートと網目模様の目隠しの両方があるようですが、柵の本数が違うのと、なにより、建物の色が違います。

そして、「神戸長者町白寿苑」を見てみると、

こちらの建物の目隠し部分も、コンクリートと編み目目隠しがあるようですが、NHKの画像と比べると編み目の部分や手すりの色が違っています。

今度は、「介護老人保健施設サニーヒル」を見てみると、

ベランダ手すりの目隠し部分、柵の本数、色。そして丸くなった部分とかこの建物に間違いないようです。

この「介護老人保健施設サニーヒル」は、平成14年に出来た入所定員150名を誇る神戸市最大級の介護老人保健施設です。

施設内も、とても綺麗な施設です。

しかし、この場所で新型コロナウィルスによるクラスターが発生していました。

看護師のtwitterが悲痛

実は、クラスターが起こったのは4月14日。公になった今回から、20日も前の話になります。

特に、この施設でのクラスターが大変なことになっているのが分かったのは、一人の看護師さんのツイートからでした。

このツイートは5月5日ですが、この看護師さんのそれ以前のツイートから見てみると、大変な状態になっていることがわかります。

「仕事行きたくない 今日は何人亡くなるのか 昨日は3名 施設だけで20名亡くなった」
「また2人亡くなりました。半月で22名です。」
「保健所の人は病床使用率95超えたって言ってましたけど? 半月間で施設で23名の方が救急要請受け入れ不可で亡くなりましたが 一切報道なし。 今も数名が死亡するのを待つ状態です。 私だけで1週間8名の方を納体袋に納めました。」
「神戸市の老健施設の看護師です。 4月14日にクラスター発生し現在利用者、スタッフで感染者100名超えました。利用者23名の方が亡くなり現在も多数の方々が死を待つ状態です。この状態でも兵庫県、神戸市は動いてくれません。ここ一週間私だけで8名の方を納体袋に納めました。」

このツイートひとつ一つが重く、そして、焦りといら立ちに満ちた文章になっています。理由はただ一つ。新型コロナウィルス感染による入居者の方々が亡くなっていく状況から。

そしてこの看護師の方のツイートはまだ続きます。

「昨日だけで納体袋に2名の方を納めたんだぞ!この一週間で8名だ! 命をなんだと思ってるんだ!兵庫県 神戸市」
「リツイートして下さった方 いいねして下さった方 本当にありがとうございます。 これからもどうぞよろしくお願いします。 皆様に感謝です」
「厚労省も来て保健所も来てなのに 状況全く変わりません」
「嘘過ぎます」
「皆さんのご意見と力貸してください」
「こんな野戦病院みたいな状態の中、一緒に頑張ってくれた看護師が発症しましたが、受診は勝手に行って自費でね・・との事です。」
「認知症の方はマスクをしてもすぐ外してしまいます。指示が入らず独歩の方は徘徊されます。区域分けしても区域外にすぐ出てしまいます。制止すると不穏になり叫ぶ事もあります。老健施設は抑制をしません。 この状態でクラスターを防止する方法を教えて下さい」
「フォローして下さった皆様 やっと明るみに出ました。 ありがとうございます
報道にはこれから事実を伝えるつもりです。 亡くなった方々、ご家族様が少しでも悔しさ晴れるようにします。」

 

「まるで、野戦病院」、ひっ迫した現場の現状が伝わってきます。ツイートしたこの看護師さんの危機感、焦り、苛立ちが言葉に詰まっています。実際にその場面に出くわした人間でないと、理解できない状況なのかもしれません。

このクラスター状態が、20日も前に起こっていたのに、神戸市はクラスターが発生したことを公表していませんでした。

神戸市が公表しなかった理由に怒り

神戸市は、この介護老人保健施設でのクラスターを、5月6日になっても公表していません。このクラスターを発表した日、神戸市はクラスターとして感染経路などを調査するとともに、医師や看護師などのチームを施設に派遣して酸素投与や服薬などの対応を行っています。

なぜそれが、クラスターの発生と同時に出来なかったのでしょうか。

そして、やっと発表された内容は「123人の感染と13人が死亡」という内容でした。先程の看護師さんの話では、「すでに利用者23名の方が救急要請受け入れ不可で亡くなりました。」とあります。

発表の遅さと死亡者の人数の違いとが重なると、神戸市は本当のことを発表しているのか疑ってしまいます。

先ほどの看護師さんのツイートには、こういった内容もありました。

「読売テレビにしました。 現状知って欲しいと 読売テレビから施設に取材交渉したみたいですがもちろん断ったようです」

絶望感に満ちたコメントです。仮にこれが本当だったとすれば、隠ぺいを疑われても仕方ないでしょう。しかし、これは施設側の意志なのか、神戸市なのか厚生労働省なのかについては定かではありません。

発表の遅れについて、神戸市のコメントは、「施設内で感染者が急増して、正確な数の把握が間に合わなかった。近日中に発表したい」と説明しています。

では、いったいそれまで何をしていたのか。クラスター発生で対応が遅れ、亡くなった方々がおられる以上、はっきりとした説明が必要です。

Your Magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました