ニュース

【速報】花森弘卓容疑者沖縄県内で逮捕!認否を留保の犯行の動機とは

ニュース

警視庁は28日、傷害容疑で指名手配していた静岡市葵区、職業不詳の花森弘卓容疑者(25)の身柄を沖縄県内で確保。花森ひろたかを傷害の疑いで逮捕しました。

SNS上では、花森弘卓容疑者と被害者が同じ大学で同じサークルの先輩後輩だとの情報があり、さらに「沖縄の大学」であったことがわかっていました。

花森ひろたかは認否を保留にしています。犯行の動機を独自に調査します。

【速報】花森弘卓容疑者沖縄県内で逮捕

警視庁は28日午前、傷害容疑で公開指名手配していた静岡市葵区の職業不詳花森弘卓容疑者(25)を沖縄県内で発見し、逮捕した。

花森ひろたかはなぜ沖縄で逮捕?

花森弘卓容疑者と被害男性は「大学のサークルの先輩と後輩」という間柄でした。花森弘卓容疑者が被害男性の2つもしくは3つ先輩になります。

さらに、大学は沖縄県内の大学ということがわかっていました。

つまり大学生活を沖縄で過ごした花森弘卓は沖縄に土地勘があり、沖縄へ逃亡したのではなく、さらにどこかほかの場所への逃亡を企てていたのではないでしょうか。

花森弘卓容疑者の海外逃亡説

沖縄に行った理由の一つとして、海外逃亡を企てていたのではないかとの”説”があります。

なぜ、そんな話が出てくるのかというと、それはインスタグラムから。

花森容疑者のインスタグラムを調べてみました。

 

この中にはっきりと花森弘卓容疑者だと分かるアカウントはありませんでした。しかし、その中に気になるアカウントがありました。

「Homezone弘卓家居」というアカウント。

このインスタグラム無を開いてみると、「投稿はまだありません」となっています。しかし、そのヘッダーには地図のようなものが表示されていました。

その地図に書かれていた「Sibu」という都市を探してみると、東マレーシアのサラワク州にある都市で、ボルネオ島北西部、ラジャン川とイガン川の合流点に位置していることがわかりました。

しかし、そこに載っていた「Sibu」という地図と同じ地形は見つけられませんでした。

このアカウントが、花森弘卓容疑者のインスタアカウントであるという確証はありませんが、仮に花森卓弘容疑者のインスタなら、海外に何らかのつながりがあり、逃亡を図ったとも考えられそうです。

花森弘卓容疑者の動機は

 東京メトロの駅で男性が男に硫酸をかけられた事件の花森弘卓容疑者が、沖縄で身柄を確保。逮捕されました。

花森弘卓容疑者が所持するスマートフォンの位置情報探索をするなどの捜査で、容疑者が土地勘のある沖縄県に潜伏していた事実を特定したのでしょうね。

まずは一安心。花森弘卓容疑者が残りの硫酸を使い事件起こすことは無くなりました。

そうなってくると、花森弘卓容疑者が犯行に及んだ理由が気になります。被害男性に対し、何らかの恨みを持っていたのか?硫酸はどこで手に入れたのか?沖縄までの逃亡の後どうするつもりだったのか?など。

現状、認否留保とのことですが、今後の捜査はどうなるのでしょう。

今後の捜査は、沖縄県警の最寄りの警察署で、警視庁の司法警察員の捜査員が容疑者に逮捕状を示し逮捕事実を読み上げ、弁護人選任権を説明した上で弁解の機会が設けられます。そしてその後は、警視庁へ移送し、花森弘卓容疑者の取調べが始まります。

それにしても、硫酸を使った悲惨な事件。早急に動機と硫酸を犯行に使用した理由などを明らかにして欲しいですね。

花森弘卓容疑者逮捕にネットの声

花森弘卓容疑者が、沖縄で身柄を確保され逮捕されたことで、ネットでは安どの声と、今後の捜査についての意見が入り混じっています。

「花森弘卓逮捕キター」

「花森弘卓、逮捕 逃亡する人って だいたい沖縄いくよね」

なるほど、そういうイメージありますよね。沖縄か北海道。日本の端に逃げるイメージ。

さらに他にも。

  • 逃げてはいるけど追跡されやすい経路。 被害者に危害を加えたことで目的達成であとのことは考えていなさそう。 動機が気になりますね。
  • 沖縄の大学の在学時の、同じサークルでの先輩と後輩の関係だったとの事ですから、(犯行後沖縄に向かったのは)何か思うところがあったのでしょうか。これからの取り調べで因果関係が分かるかなあ?

  • この罪は大きいよ。 この男の心の闇が怖い。それを警察や裁判ですべてを解明できるかどうか。
  • 疑問の多い事件だが、色々と判明してくることもあるだろう。酸アタックは、被害者を生かしながら一生苦しめる卑劣な犯罪。日本ではこのような事件は二度と起きてはいけない。

などの意見が出ています

。硫酸を使った卑劣な犯罪で、しかも、相手を特定して追っかけてまでの犯行で恨みも強いのでしょう。その動機が皆さんきになっているようです。捜査が進み、動機などが解明され次第、このブログでご紹介していきます。

Your Magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました