エンタメ

お笑い第七世代のメンバーとその意味とは!?有吉の怒りに霜降りせいやは?

投稿日:

最近では、お笑いブームがまた来たかのように、若手芸人の活躍が凄く目立っています。「M1グランプリ」や「キングオブコント」など、コンテストの入賞者を中心に、テレビで見る機会が多くなっています。

そんな若手芸人たちを「お笑い第7世代」と呼ぶようになっているようです。粗品とせいやのコンビで2019年M1グランプリ優勝の「霜降り明星」を中心に、第7世代とは誰がメンバーなのか?みていきたいと思います。

そして、この「第7世代」の呼び方に対し、お笑い芸人の先輩である有吉弘行さんが激怒しているとか。どういうことなのか?また、それに対し霜降りのせいやさんはどう答えたのか?真相をみていきたいと思います。

スポンサーリンク

「お笑い第7世代」とは?誰がメンバー?

出典:https://www.vivi.tv/post82937/

「お笑い第7世代」とは誰が言い出した?

「お笑い第7世代」って、今ではバラエティーを中心にいろんな番組で耳にする言葉です。今までそんな「~世代」という言い方は知りませんでしたが、では「第1は誰で第2は?」ってことになります。

この「お笑い第7世代」とは、いったい誰が言い出したのでしょうか?
その真相は、お笑いコンビの「霜降り明星」せいやさんにあるようです。

出典:https://www.allnightnippon.com/shigoto/shigoto_blog/20190504-40754/

2018年12月22日深夜のラジオ番組『霜降り明星のだましうち!』でのこと。「次の年号の世代を『第七世代』と勝手に銘打ち、20代で区切って固まる」っていう風に提案をしたのだそうです。

これは、お笑い芸人に限った話では無く、「同世代のミュージシャンなどと共に、ジャンルを超えて集まろう」というような提案だったようです。

第7世代の「7」も、せいやさんの思いつき。特にその数字に意味はないのだそうです。

「お笑い第7世代」の真相は?

2020年2月、深夜放送のニッポン放送「霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)」で、「お笑い第7世代」の提唱者とされていることに、「お笑い第7世代とは一言も言っていない」と訴えていました。

実は、その前日のテレビ朝日の「アメトーーク!」で「僕らビミョーな6.5世代」のテーマで番組が進行。そのことに触れています。

出典:https://daily-trendy.com/ameto-ku-bimyou/4228/

「アメトーークの6.5世代、僕らの先輩のかまいたちさんとかジャングルポケットさんとかが、第7世代に対して被害を被っているみたいな。(別番組で)アインシュタインの稲田さんも『許さん、せいやを見つけ次第シバく』って」とコメント。

しかし、それには「正直、芸人さんはプロレスの範ちゅうなんですよ」と先輩は理解したうえでの話だと…。

さらに、「僕、何か特に、言い出しっぺってなっているでしょ。お笑い第7世代とは一言も言っていないですよ」と強調。

「第7世代」と口にしたことはあったようですが、あくまで例え話。

「第7世代みたいなのがあって。アスリートとかユーチューバーとか、いろんな20歳くらいの人らで、ポケモンとか、俺らだけで分かる話みたいなのできたらおもろいな」という意識での発言だったと強調していました。

ちなみに、なぜ「7」なのかについては、「NARUTOの『7代目火影』が好きだったりとか、7っていう数字が気持ちよかった」と、数字に意味のないこともコメントしていました。

メンバーとは?

というふうに霜降りのせいやさんが言う中で、「お笑い第7世代」自体が確定的でない以上、メンバーとかも決まってはいません。

ただ、マスメディアがこの言葉を使っているのは、「霜降り明星のように、最近熟れてきた面白い芸人」などの括りで・・

出典:https://summer-century.com/owarai-seventh-generation/

きっとこんな人たちのことを言うんでしょうね。

 

有吉の怒りに霜降りせいやは?

以前、有吉弘行さんがラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」のなかで、「無茶苦茶な括りしやがって。流行らそうと急に言いだして何なんだよ」と不満をぶちまけていました。ラジオだと、結構過激になる有吉さんの本音だと思われます。

出典:https://owaraitv.xyz/archives/151989

バラエティー番組『有吉ジャポン』に「霜降り明星」のせいやが出演した際に有吉さんは、「どんどん若いやつが入ってくるのは活性化して良い」と若手芸人が出て来たことを喜ぶ反面、「せいやはちょっと問題だけどね」と苦言。

もっともこれは、有吉さん流のいじりだったと思いますが…。

さらに、有吉さんは「俺らは歓迎しているのに、俺らを排除しようとする」とまたもやせいやさんに苦言。

それに、せいやさんは慌てて「違う。ゆっくり聞いて欲しい」と否定していましたが、これには平成ノブシコブシの吉村崇さんが「第6世代が聞いてやるよ!」と笑わせていました。

芸歴も長く、完全にいじられ状態となったせいやさんはたじたじだったようです。

「お笑い第7世代」まとめ

お笑い第7世代とは、誰が言い出したのかといえば、霜降りのせいやさん…。ということになっていますが、実は、本人は否定していました。

そもそも「お笑い」とかではなく、「アスリートとかユーチューバーとか、いろんな20歳くらいの人らで、ポケモンとか、俺らだけで分かる話みたいなのできたら…、そんな第7世代みたいなのがあればいい」ということだったようです。

また、有吉さんの番組に出演した霜降りのせいやさんが、有吉さんにチクりとつうかれ、ほかの先輩芸人さんにもいじられて、たじたじの様子だったせいやさん。

しかし、いまや、「お笑い第7世代」という言葉が普通に使われるようになり、せいやさんの困惑もまだ続きそうですね。

-エンタメ
-, , , ,

Copyright© Your Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.