町田市小6タブレットいじめ自殺事件まとめ

町田市小6タブレットいじめ自殺事件まとめ

町田市小6児童いじめ自殺事件!五十嵐俊子(元校長)教育長のまとめ

2020年11月、東京町田市で起こった小6児童のいじめによる自殺事件について、タブレット端末を使った「ICT教育」の闇が暴露されています。 当時の五十嵐俊子校長がとった対応。市教委は未だ、いじめと自殺の因果関係を疑う始末。この事件の顛末をまとめていきます。
町田市小6タブレットいじめ自殺事件まとめ

五十嵐俊子元校長の経歴!教育長に登り詰めたことなかれ主義人生!

町田市で小6児童のいじめによる自殺がおき、当時町田市立第五小学校校長だった五十嵐俊子現渋谷区教育長の対応に非難が寄せられています。 五十嵐俊子元校長は、渋谷区教育長に登り詰め、いじめ自殺まで隠蔽してのし上がりました。五十嵐俊子元校長のことなかれ主義の実態を見ていきます。
町田市小6タブレットいじめ自殺事件まとめ

五十嵐俊子元校長のIDパスワード管理がずさん!町田小6児童いじめ自殺の内容削除も隠ぺい

2020年11月に町田市で起こった小6女子児童のいじめ自殺問題で、当時の五十嵐俊子校長のタブレット管理が問題となっています。 五十嵐俊子元校長のタブレット管理の問題点をチェック。いじめ自殺原因の中傷も削除され削除者は不明。ウソによる隠ぺいなのかを調査します。
町田市小6タブレットいじめ自殺事件まとめ

町田市タブレットいじめ自殺元校長は五十嵐俊子!「殺し方ノート」隠ぺいし教育長に栄転

タブレットなどで「いじめを受けていた」とメモを残し町田市の小6児童が自殺した事件で、児童が通った学校と当時の校長を特定。事件後、教育長に栄転。 校長についてチェック。加害児童が作った「殺し方ノート」の隠蔽。両親についた嘘を調査していきます。
タイトルとURLをコピーしました