ニュース

浅倉唯さんが自宅侵入のストーカー被害「仮面ライダーリバイスのアギレラが盗撮された」悪質被害の中身

ニュース

「仮面ライダーリバイス」でアギレラ役の女優の浅倉唯さんが、ストーカー被害を受けていることを、所属事務所が明らかにしています。

浅倉唯さんへの自宅侵入や盗撮などの被害はどのようなものなのかを調査。浅倉唯さんの現在と、これまでの出演や経歴を調べていきます。

浅倉唯さんが自宅侵入のストーカー被害

「仮面ライダーリバイス」のアギレラ役で知られる女優の浅倉唯さんが、深刻なストーカー被害を受けていることがわかりました。

浅倉唯さんが所属する芸能事務所が明らかにしており、浅倉さんへのストーカー行為がかなり悪質なものであることが明らかになりました。

浅倉唯さんが所属するのが、「LIBERA」という芸能事務所。

その芸能事務所「LIBERA」のホームページをチェックすると、

所属タレントとして有名どころは、ダレノガレ明美さんや元アナウンサーのマスパンこと枡田絵理奈さんが所属している芸能事務所です。

その芸能事務所「LIBERA」はtwitterで、

「浅倉唯に対するストーカー行為について
撮影現場近辺での付き纏い、自宅への侵入、盗撮など悪質なストーカー被害に遭っており、現在、警察、弁護士に対応をお願いしております。
今後も従前のような行為が続くようであれば、刑事告訴を含めた断固たる処置を講じる所存でおります。」

と、警告する内容のツイートを発信しています。

この内容にあるなかで、「撮影現場近辺での付き纏い」については、昔から「追っかけ」などと言われる人がいたりして、芸能人であれば”有名税”などと言われたりもしていました。

しかし、この後の「自宅への侵入、盗撮など」というのは完全な犯罪です。「現在、警察、弁護士に対応をお願いしております」としており、事務所としては対応中ということのようです。

そして、「今後も従前のような行為が続くようであれば、刑事告訴を含めた断固たる処置を講じる所存でおります」としており、つまりは、現状としては、告訴してはいないようです。

では、どんな被害だったのかについて関係者は、「帰宅すると、自宅の敷地内に第三者が侵入していたそうです」といい、ワイドショーの関係者は、「万が一、相手が刃物を持っていたらシャレにならない事態になります」とコメント。さらに、「事務所が強い言葉で警告したのも、一刻の猶予もない状態に陥ったからです」と。

また、フジテレビ系「めざまし8(エイト)」では、所属事務所への取材でストーカー行為が「複数人いる」と証言し、「浅倉は安全を確保するため自宅には帰らずホテルから仕事現場へ通っている」と、浅倉唯さんの現状を報告しています。

浅倉唯さんへのストーカー被害でネットの反応

この浅倉唯さんへのストーカー被害が報告されると、ネットが早速反応しています。

どんな反応なのかを見てみると、

「浅香唯かと思たやんけ」
「浅香唯浅香唯って5chの年齢層ヤバすぎだろ…」
「おまんらゆるさんぜよ!の人かと思った」
「そういえば浅香唯も自宅に侵入されてたなw」

今回、ストーカー被害に会ったのは「浅倉唯さん」ですが、ネットでは「浅香唯さん」と間違えそうになる人がかなりコメントされていました。

ちなみに、浅香唯さんは、1986年10月、フジテレビ系連続ドラマ『スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇』の3代目麻宮サキ役でブレイクしたアイドルでした。

そしてストーカー被害に関しては、

「侵入てもう犯罪だろ」
「『今後も従前のような行為が続くようであれば、刑事告訴を含めた断固たる処置を講じる所存でおります』って何で今すぐ刑事告訴しないのか」
「ニコニコとリップサービスしてるとこの手のヤツは勘違いして好意あると間違えてんだよ」
「最近特撮出身の女優が多いな。
オタク相手だとやはりトラブルも多いのかな。」
「自宅に入り込むとかこえーな
どんなセキュリティもストーカーには通用しないのか」

など、既に自宅侵入の段階で告訴しないことへのコメントが多かったように思います。

浅倉唯さんは仮面ライダーリバイスのアギレラ

  • 名前:浅倉 唯(あさくら ゆい)
  • 生年月日: 1996年6月8日
  • 出身地:青森県弘前市
  • 職業:女優

大学進学で上京した後、2年生の時からアイドルとして活動。

2021年9月5日から放送されたテレビ朝日系ドラマ『仮面ライダーリバイス』で、悪魔崇拝組織「デッドマンズ」の女王であるアギレラ役で出演して人気を得ました。

その後、2021年に、「あざとくて何が悪いの?」や、2021年「ゴッドタン」、2022年「ヒルナンデス!」などのテレビ出演や、水着グラビアにも挑戦しています。

浅倉唯さんの場合、水着グラビアにも挑戦しているからか、女優としては珍しく、

このように、スリーサイズが、事務所の公式ページに記載されています。

ちなみに、『仮面ライダーリバイス』では、当初、妹役の五十嵐さくら役のオーデションで候補に残ていたものの、望月卓プロデューサーが浅倉唯さんの年齢を認識しておらず、高等学校生徒の役をやってもらうにはちょっと大人すぎのため、アギレラ役に変更していました。

プロデューサーは、「童顔に騙された」と言っています。しかし、それほどもまでに可愛いということかと。

浅倉唯さんだけではない芸能人のストーカー被害

今回は、浅倉唯さんへのストーカー被害を見てきましたが、つい最近にも、芸能人へのストーカー被害がニュースになりました。

それが、「7MEN侍」の佐々木大光さんへのストーカー行為。この時には、違法なつきまといをしたなどとして、ストーカー規制法違反と暴力行為等処罰法違反の疑いで17歳の女子高校生が逮捕されています。

「7MEN侍」佐々木大光坦のジャニオタ女子高生逮捕「被愛妄想のストーカーJK」恐怖のカッター追跡
ジャニーズJr.のアイドルグループ「7MEN侍」のメンバーの佐々木大光さんに、ストーカー行為を繰り返した女子高生が逮捕。 「7MEN侍」の佐々木大光さんへストーカー行為をした理由と行動をチェック。被愛妄想の可能性を調査。ジャニオタにありがちなタイプを分析します。

この事件では、「もう行かないからストーカーのことは気にしなくていいよ」と言いながらカッターナイフを突きつけたり、カッターを持って約200メートルにわたって追いかけたりしていました。

この女子高生は、「昨年4月に渋谷駅で見かけて一目ぼれし、つきまとうようになった。その人しか考えられなくなった」と言っていました。

フジテレビの「めざまし8(エイト)」の谷原章介MCは、「もともとは浅倉さんに対する好意から始まっていることかも知れませんけれども、こういうゆがんだ愛情というのが相手を苦しめるということをちゃんと考えた方がいいと思います」とコメント。

さらに、「少し前に男性のアイドルが女子高生につきまとわれたことでストーカー被害があったんですけれども、浅倉さん、女性ですから何かあった時は手遅れですからね。本当にストーキングしている方、考え直してもらいたいし、事務所はきちんと守ってあげてほしい」とコメントしていました。

ネットでも、仮面ライダーリバイスのアギレラ役にかけて、

「アギレラ様ストーカーなんて蹴り飛ばしてええのよ」
「仮面ライダーならストーカーぐらい自分で倒せないのかよ?」

といったコメントまで出ていました。

でも、実際、自分の家の敷地内に赤の他人の男性がいたなら、かなりの恐怖を感じるのだと思います。

浅倉唯さんが、精神的にも落ち着いていられるように、事務所の方は対応していただきたいものです。

Your Magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました