ニュース

赤堀恵美子容疑者の顔画像!碇利恵容疑者をマインドコントロール(洗脳)した方法?

ニュース

赤堀恵美子(あかほりえみこ)容疑者が碇利恵(いかりりえ)容疑者をマインドコントロール(洗脳)し、碇容疑者の三男の翔士郎くんを餓死させた事件で、母親の碇利恵容疑者とママ友の赤堀恵美子容疑者が逮捕。

赤堀恵美子容疑者の顔画像と母親の碇利恵容疑者の顔写真を確認し、どんな方法でマインドコントロールが行われたのかをみていきます。

赤堀恵美子容疑者の顔画像!

福岡県篠栗町で5歳だった男児が餓死した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で母親の碇利恵容疑者(39)とともに逮捕された知人の赤堀恵美子容疑者(48)が碇容疑者からだまし取るなどした金の総額が1千万円を超える疑いがあることが3日、捜査関係者への取材で分かった。県警は一家の生活困窮につながったとみている。

 県警によると、赤堀容疑者は碇容疑者から生活保護費など計約200万円を詐取したなどとして起訴されている。碇容疑者の三男翔士郎ちゃんが死亡した後もだまし取ったことがあったという。捜査関係者によると、碇容疑者の通帳を管理して金を引き出し、車を売却させた疑いもある。
出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/632d0bfd5e61e89f0f601dc44fe249309a35b57d

碇翔士郎くんに対し、十分な食事を与えずに餓死させたのが母親の碇利恵容疑者で保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されています。

また、その碇利恵容疑者の家庭に入り込んで細かく指示を出して支配下に置き、碇利恵容疑者のお金をだまし取ったとして、ママ友として知り合った知人の赤堀恵美子容疑者も逮捕されています。

その赤堀恵美子容疑者の顔画像がこちらです。

  • 名前:赤堀恵美子(あかほりえみこ)
  • 年齢:49歳
  • 職業:無職

他にもこんな顔画像がありました。

この赤堀恵美子容疑者の顔画像を見ていると、顎の下や首のあたりに肉がついていて,

かなり肉付きの良い女性だと思われます。

こんなに肉付きの良い赤堀恵美子容疑者が、碇翔士郎くんを餓死させるまでの指示をしていたかと思うと、憤ってしまいます。

碇利恵容疑者の顔画像

そして、わが子を餓死させてしまい、保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された母親の碇利恵容疑者の顔写真がこちらです。

  • 名前:碇理恵(いかりりえ)
  • 年齢:39歳
  • 職業:無職

碇利恵容疑者が膝に抱いているのは、碇容疑者の三男の碇翔士郎くんではないかと思われます。

この幸せそうな写真の撮影されたのち、碇翔士郎くんに不幸が襲い掛かってしまいました。

赤堀恵美子容疑者の顔画像とマインドコントロール

赤堀恵美子容疑者と碇利恵容疑者は、2016年4月、碇容疑者の三男・碇翔士郎くんが通った「篠栗町立勢門幼稚園」で、ママ友(保護者同士)として出会っています。

しかし、碇利恵容疑者は次第に赤堀恵美子容疑者の言いなりになり、さらに、赤堀容疑者は、碇容疑者に対し「夫が浮気している」とうそを言い、離婚訴訟や浮気調査の費用名目で生活保護費などの生活費の大半を管理されるようになったようです。

その際、碇容疑者から約200万円をだまし取ったなどとして、詐欺などの容疑で起訴されています。

碇容疑者は、小学生の長男と次男、三男の翔士郎ちゃんとの4人暮らしで、生活保護費などで毎月約20万円の収入があったようですが、そんな碇容疑者の貯金の取り崩しや車を売却させたお金など1000万円を超えるお金が赤堀容疑者に渡ったとみられています。

赤堀恵美子容疑者は碇利恵容疑者に対し、「裁判に勝つためには質素な生活をしなければいけない」と言い、だんだんとお金が無くなり困窮していく家族の食事の管理は全て赤堀容疑者がやっていたようです。

また、関係者の話では、赤堀容疑者は多額の生活費を搾取するため「家の中を監視カメラで見張っている」などとうそをつき、19年8月ごろから一家に食事制限を指示したようです。

碇利恵容疑者と子供三人はわずかなお米をお粥にして分けて食べていて、亡くなってしまった翔士郎君は、5歳の子の平均体重の半分の10㎏しかなかったといいます。

そして、お金を碇容疑者からむしり取った赤堀容疑者は、そのお金でブランド品を買いまくっていました。

碇利恵容疑者は、赤堀恵美子容疑者の理不尽な要求を聞き続けたのでしょう?。全くの他人の赤堀容疑者のいうことなど聞かなくていいようなものですが、何かのきっかけで赤堀容疑者のことを信じ込み、心酔し、”支配関係”が出来上がったものと推測されます。

一種のマインドコントロール(洗脳)のような状態になった碇利恵容疑者は、赤堀容疑者の言うことすることに一切の疑いを持たなくなり、正常な判断が出来ない状態に陥ったものだと思われます。

現在、碇利恵容疑者は容疑を認め、赤堀恵美子容疑者は容疑を否認しているようです。碇容疑者のマインドコントロール(洗脳)が解けるのがもっと早ければ、翔士郎君はなくならずに済んだでしょうに、残念でなりません。

この事件の捜査が進んでくると、なぜマインドコントロール(洗脳)され、それが解けなかったのかなどが明らかになってくるかと思います。分かり次第追記していきます。

Your Magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました